全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

久しぶり食の催事 藤丸うまいもの大会 帯広

買い物客でにぎわった藤丸うまいもの大会

 「7日間限りのうまいもの大会」が17日、帯広市内の藤丸7階の催し会場で始まった。全国各地の秋の味覚を取りそろえた会場は、名産を買い求める客たちでにぎわっている。23日まで。

 毎年恒例のイベント。藤丸では、新型コロナウイルスの影響から約5カ月ぶりの食の催事で、開催期間を1週間に縮小、通路を通常より広くしてソーシャルディスタンス(社会的距離)に配慮した。会場には前年並みの40店舗が出店し、全国各地の名産品を販売。沖縄県のサーターアンダギーや奈良県の柿の葉ずしなどの実演販売も行われた。

 この日は、1日限りの限定で高級食パン専門店「乃が美はなれ」(帯広)の生食パンも限定80本で販売し、行列ができる人気だった。清水町から訪れた辻キミ子さん(80)は「朝一番で並んできた。毎年楽しみにしているので久しぶりに開催されてうれしい」と話していた。

 午前10時~午後7時。最終日は午後4時まで。

関連記事

長野日報社

「紫輝」広がる香りと笑顔 長野県宮田村で解禁祝うワインまつり

 長野県宮田村の特産ワイン「紫輝」の新酒の解禁に合わせた「ワインまつり」が25日、JR飯田線の宮田駅前周辺であった。県内外から約500人が来場し、村内で栽培、収穫されたヤマブドウ「ヤマソービニオ...

長野日報社

南箕輪村の特別栽培米「風の村米だより」飲食店で提供 魅力と味PR 長野県

長野県南箕輪村で生産される特別栽培米「風の村米だより」が6月から、村内の飲食店9店舗で提供される。地産地消と認知度向上を促進する村の新たな試み。参加店はそば店や焼き肉店、居酒屋、ラーメンやどん...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク