全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

苦境の外食産業、出張サービスに活路

利用者の目の前ですしを準備する店員(ドリームライフアポロで)

 新型コロナウイルスへの警戒感から外食控えが続く中、宇部市中央町1丁目の山口すし酒場一代目豊(野上裕太社長)は、店で待つのではなく、客の方へ出向くことに活路を見いだそうと「出張すしサービス」を始めた。第1弾として15、16の両日、中宇部の山口アポロ石油介護事業部ドリームライフアポロ(塔野義浩社長)を訪問。敬老祝賀会で握りたてを提供し、喜ばれた。    居酒屋など〝夜の店〟を中心とする外食産業は苦境に立たされており、野上社長によると同店の売り上げも7割減。「テークアウトを行ってはいるが、総菜や弁当など中食のプロにはかなわない。スタッフと共にコロナを乗り越える新しい道を協議し、出張サービスにチャレンジしようと考えた」と言う。将来的には事業所以外に、個人宅への出張も想定している。    アポロでは店ののれん、ちょうちんを掲げ、スタッフ5人が総出でトロ、ヒラマサ、シャコ、ホタテなど8貫の上ずし(2500円)を準備。初日はサポート付き高齢者向け住宅の入居者25人、2日目はデイサービスの利用者47人に提供した。「おいしいものを楽しんでほしいとの思いを込めた」と森賀寿雄さん。    受け入れた同施設でも、外食ムードを演出した。施設職員も同店から借りたTシャツ・前掛けの制服姿で給仕し、天ぷら、茶わん蒸し、マツタケ入り吸い物などを併せて提供。一人一人にメッセージカードも書いた。食後はスタッフがバンド演奏や花笠音頭を披露。出張してくれた同店には「シニアに優しい店」の認定証を贈って、感謝した。      

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク