全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

八重農 授業内容や実習紹介 郡内中学3年生が体験入学

 学校での学びを体験し、進路決定に役立ててもらおうと、八重山農林高校(山城聡校長)は16日から3日間、八重山郡内の中学3年生215人を対象に体験入学を行い、同校生徒らが各科の授業内容や実習、施設などを紹介し魅力を伝えている。

 16日は川平、大浜、船浦、西表の4校から53人が参加し、関心のある科に分かれ体験した。このうちアグリフード科ではピーナツクッキーと黒糖・黒みつ作りを行い、食品づくりの基本や一連の調理手順を学んだ。

 もの作りや食について興味があり参加した川平中3年の下地莉央さん(14)は「先輩たちの教えもとても分かりやすくて、生地の混ぜ方やふるいにかける方法などを学ぶことができた。ほかの学校に行こうと思っていたけどかなりいいなと感じた」と充実した様子。

 このほかグリーンライフ科では植物バイオ実験とバックホー操縦体験、フードプロデュース科はスモークチキンの製造と畜舎見学、ライフスキル科は折り紙体験や食物調理検定の紹介などを行った。

 畜産に興味がありフードプロデュース科に参加した西表中3年の荒木悠太朗君(14)は「動物の世話の流れや学校で何を学ぶか詳しく知ることができた。島にも身近に動物がいるので、畜産を学んで将来地域に貢献できたら」と語った。

 山城校長は「『未来へ夢を描き開く』という理念が授業の中でどう生かされているかイメージしてほしい。生徒たちには農高でしかできない五感を磨く体験をぜひ味わってもらいたい」と呼び掛けた。

関連記事

荘内日報社

プロと一緒に撮影 仙台の中学生が時代劇の映画づくり体験

 鶴岡市羽黒町川代のスタジオセディック庄内オープンセットに17日、仙台市立長命ケ丘中学校(長沼致弘校長)の2年生63人が校外活動で訪れ、名作の数々が生み出されたセットを使った時代劇の映画づくりを体験した...

紀伊民報社

県文化財指定を検討 安居の暗渠(あんきょ)

 和歌山県教育委員会は、白浜町の日置川沿いにある「安居の暗渠(あんきょ)」と水路について、県文化財指定を検討すると明らかにした。貴重な存在と評価し、保存や活用の方法も併せて考える。  17日の...

ガチャ440種 道東最大級 イオン帯広にオープン

 トーシン(帯広市、宮本達也社長)は18日、イオン帯広店(帯広市西4南20)2階に、カプセル入り玩具「ガチャガチャ」が400種類以上並ぶショップ「#C-pla(シープラ)」をオープンさせた。同...

宇部日報社

山陽小野田市が新型コロナ対策に取り組む飲食店を「取組宣言店舗」に認定

 山陽小野田市は、新型コロナウイルスの感染防止対策に取り組み、一定の基準を満たした飲食店を「取組宣言店舗」に認定し、ステッカーやポスターを配布するとともにホームページに掲載して、「安心して利用で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク