全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

世界初、ひ孫世代がふ化 アカウミガメの飼育下繁殖

飼育下繁殖第3世代のアカウミガメの赤ちゃん(串本町有田で)

 和歌山県串本町有田の串本海中公園センター水族館で飼育されているアカウミガメが産んだ卵が、13日にふ化した。飼育下繁殖第3世代(ひ孫世代)の誕生で、世界初だという。
 同館は、1971年の開館からアカウミガメを飼育しており、86年に人工産卵場を設置。95年に初めて繁殖に成功し第1世代(子世代)が誕生した。2010年には世界で初めて第2世代(孫世代)が誕生し、今回第3世代が誕生した。
 同館によると、今回ふ化したのは7月21日に産卵されたもので、約50匹がふ化した。約1年間、同館で飼育し、3~4匹だけを残してその他は海へ放流するという。
 アカウミガメの飼育を担当している吉田徹副館長(38)は「当館はアカウミガメの飼育では最先端の施設。ひ孫世代が誕生してくれて一安心している。次の世代にもつなげていきたい」と話した。
 同館の屋外プールではアカウミガメ、アオウミガメ、タイマイを計約30匹飼育しており、今年は6月15日~8月4日にアカウミガメ5匹が計14回産卵した。アカウミガメは直径約4センチの卵を1回の産卵で約100個産み、60日前後でふ化するという。
 アカウミガメは、環境省のレッドリストで絶滅危惧IB類、県のレッドデータブックで準絶滅危惧種に分類されている。同館でふ化した赤ちゃんは、研究対象以外はすぐに海へ放流されている。

関連記事

荘内日報社

「芸術の秋」を堪能 サカタアートマルシェ イベント多彩に

 音楽や美術、伝統芸能などさまざまなジャンルの芸術文化に触れ合う「サカタアートマルシェ2020祈りと希望」の一環で21、22の両日、会場となっている酒田市飯森山三丁目の市美術館、出羽遊心館で多くの芸術文化...

秋の味覚 車中から 大正メークインまつり代替販売 帯広

 大正メークインのドライブスルー即売会「帯広大正メークイン収穫感謝市」(JA帯広大正主催)が22日、同JA農産センター(帯広市大正本町東1)で開かれた。多くの地元客らが、十勝を代表する秋の特産...

幸運呼ぶダブルレインボー♪ ティンダバナから大きく弧描く

 【与那国】与那国祖納で21日早朝、ティンダバナからくっきりと弧を描く虹が確認された。ティンダバナの部分は、幸運を呼び込むとされるダブルレインボーだった。  祖納地区の南西部にびょうぶのようにそ...

長野日報社

「視覚障がい者マーク」優しく見守って

プレス金型加工のキャムソン(諏訪市中洲)を経営する酒井克己さん(79)が、視覚障がい者であることを周囲に知らせるマークを開発し、バッジも製作した。自身も視覚障がい者である酒井さん。「マークが多...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク