全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

音でシカ衝突事故防止 道科学大・松崎教授ら帯広で実験

シカのロードキル回避を狙い、スピーカーから嫌がる音を出しながら行った走行実験

 北海道科学大学(札幌)の松崎博季教授(帯広市出身)の研究室は15日、エゾシカと車両の衝突事故防止へ向けた実験を帯広市内で行った。サイドミラーにスピーカーを取り付け、シカが嫌がる音を流しながら走行し、音が届く範囲などを調査した。

 車内だと聞こえず、狙った所に音を届けるスピーカーを用い、音を流しながら道路を時速約60キロで走行。クマの鳴き声や雷、人工音など7種類の音で実験し、100メートル先まで聞こえるかどうかを測定した。結果、クマの鳴き声や草を踏む音などは車の走行音に消され、シカの鳴き声や人工音は聞こえることが分かった。

 実験結果を基に効果的な音を選び、今後、シカがいる場所で実験を行う。同じ音だとシカが慣れてしまうため、嫌がる音をランダムに流せるようなスピーカーの開発を進めたい考え。

 松崎教授は「一般車両にも取り付けやすいスピーカーになるよう実用化を目指す。運送会社さんにも協力を仰ぎ、実験を進めていきたい」と話している。

サイドミラーに取り付けられたスピーカー

関連記事

荘内日報社

「芸術の秋」を堪能 サカタアートマルシェ イベント多彩に

 音楽や美術、伝統芸能などさまざまなジャンルの芸術文化に触れ合う「サカタアートマルシェ2020祈りと希望」の一環で21、22の両日、会場となっている酒田市飯森山三丁目の市美術館、出羽遊心館で多くの芸術文化...

秋の味覚 車中から 大正メークインまつり代替販売 帯広

 大正メークインのドライブスルー即売会「帯広大正メークイン収穫感謝市」(JA帯広大正主催)が22日、同JA農産センター(帯広市大正本町東1)で開かれた。多くの地元客らが、十勝を代表する秋の特産...

幸運呼ぶダブルレインボー♪ ティンダバナから大きく弧描く

 【与那国】与那国祖納で21日早朝、ティンダバナからくっきりと弧を描く虹が確認された。ティンダバナの部分は、幸運を呼び込むとされるダブルレインボーだった。  祖納地区の南西部にびょうぶのようにそ...

長野日報社

「視覚障がい者マーク」優しく見守って

プレス金型加工のキャムソン(諏訪市中洲)を経営する酒井克己さん(79)が、視覚障がい者であることを周囲に知らせるマークを開発し、バッジも製作した。自身も視覚障がい者である酒井さん。「マークが多...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク