全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

『島の民具』18日に発刊 作り方や素材を解説 富本衛さん著(竹富島出身)

発刊される「島の民具」を手に笑顔を見せる富本衛さん=14日午後、八重山毎日新聞社

 八重山に伝わる民具の作り方や素材を豊富な写真と図で解説した『島の民具』(富本衛著)が18日、南山舎から発刊される。著者の富本さんは「たくさんの方から要望があった本。多くの人が手にして民具を作る際の指南書になれば」と期待した。

 竹富島出身の富本さん(76)は幼いころから民具を作る父の姿を目にしてきた。定年退職後、70歳で民具づくりを本格的にスタートさせると、故郷で民具づくり教室を開くほどに。島民や友人から「作り方を出してほしい」との声が多く寄せられ、昨年6月から執筆に動いた。

 第一部では竹富島の原風景や民具の変遷などについて触れ、第二部では民具の作り方を紹介。稲わら、バシャ(芭蕉)、ンーマニ(クロツグ)など12種類の素材に分け民具の種類と作り方を細かく示している。

 ディル(かご)やオーニ(扇)、わらじなど伝統的な民具に加え、手紙入れや小物入れのかごなどアイデア満載のオリジナルの民具も紹介。読者に作業工程が伝わるよう妻・ヒデさんが撮影した約900枚もの写真をオールカラーで使用している。

 富本さんは「民具を作れる人はいても記録できる人はなかなかいない。後輩の育成や島への恩返しという意味で非常にいい資料になる」と笑顔を見せ、「プラスチックごみが環境問題となるなか、民具は見直されている。島の材料で自然にかえる民具の価値に注目してほしい」と呼び掛けた。

 B5判220㌻、3500円(税別)。タウンパルやまだなど県内の書店や竹富港内てぇどぅんかりゆし館などで取り扱っている。

関連記事

荘内日報社

コロナ禍で生活困窮の外国人一人親世帯を食品提供で支援

 酒田市の東北公益文科大学(神田直弥学長)の学生サークル「Liga食品ロス削減チーム」=鈴木梨加代表(21)、18人=は29日(日)、生活に困窮している外国人、一人親世帯に対して賞味期限間近の食品などを...

紀伊民報社

分校存続へ協力を 龍神分校を育てる会が要請

 和歌山県田辺市龍神村安井の南部高校龍神分校を支援する「龍神分校を育てる会」は、県教育委員会が諮問機関からの答申に基づき高校の再編整備計画の策定を進めていることに関し26日、同市新屋敷町の市役所...

2年ぶり「銀河鉄道の夜」 おびひろ市民ミュージカル

 おびひろ市民ミュージカル(通称obiカル、小林弘明実行委員長)の第18回公演「ミュージカル 銀河鉄道の夜」が12月20日、帯広市民文化ホールで開かれる。「新型コロナウイルス対策を取った上で、皆が...

宇部日報社

広域生活改善連絡協議会がしめ縄研修会、技術を伝承

 宇部・美祢広域生活改善連絡協議会(山本シゲ子会長、107人)主催のしめ縄研修会は26日、万倉ふれあいセンターで開かれた。会員と関係者22人が出席し、農村に昔から伝わるわらの活用法であるしめ縄作...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク