全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

市内各地でオンラインツアー第2弾が開催

 宇部市内各地をビデオ会議システム「ズーム」で訪れるオンラインツアー第2弾「琴の音に誘われ初秋の宇部に会いに行く!」が12日に開かれた。東京を中心に大阪、長野など県外在住の49人が参加し、リモートで宇部の魅力を〝体感〟した。

 宇部観光コンベンション協会・宇部DMO(徳原幹男会長)の新たな観光戦略。コロナ禍で打撃を受けた地元事業者の支援などを目的に、あうたび合同会社(唐沢雅広社長、東京都北区)と共同で企画した。

 参加者には事前に特産品の詰め合わせ「応援セット」が届けられており、味わいながら生産者と交流。永山本家酒造場(二俣瀬車地)では、永山貴博社長(44)が「ドメーヌ貴」に使う酒米・山田錦の田んぼ(2㌶)を案内し、母親の千寿子さん(74)が酒蔵の様子を紹介。たましげ琴製作所(船木)では、5代目の玉重智基さん(26)が幻想的な筝の音色を披露した。

 永山社長は「外出制限下でもオンラインというツールを積極的に利用することで、新しい営業の可能性が出て来た。コロナ収束後に実際の観光につながれば」と語った。

 神奈川県横浜市のウォーリ晶子さん(44)は「前回に引き続き2度目の参加。生産者の専門的な知識はもちろん、温かみのある話しぶりに引き込まれた。感染症が落ち着いたら、ぜひ宇部の魅力を現地で感じたい」と話した。

関連記事

荘内日報社

プロと一緒に撮影 仙台の中学生が時代劇の映画づくり体験

 鶴岡市羽黒町川代のスタジオセディック庄内オープンセットに17日、仙台市立長命ケ丘中学校(長沼致弘校長)の2年生63人が校外活動で訪れ、名作の数々が生み出されたセットを使った時代劇の映画づくりを体験した...

紀伊民報社

県文化財指定を検討 安居の暗渠(あんきょ)

 和歌山県教育委員会は、白浜町の日置川沿いにある「安居の暗渠(あんきょ)」と水路について、県文化財指定を検討すると明らかにした。貴重な存在と評価し、保存や活用の方法も併せて考える。  17日の...

ガチャ440種 道東最大級 イオン帯広にオープン

 トーシン(帯広市、宮本達也社長)は18日、イオン帯広店(帯広市西4南20)2階に、カプセル入り玩具「ガチャガチャ」が400種類以上並ぶショップ「#C-pla(シープラ)」をオープンさせた。同...

宇部日報社

山陽小野田市が新型コロナ対策に取り組む飲食店を「取組宣言店舗」に認定

 山陽小野田市は、新型コロナウイルスの感染防止対策に取り組み、一定の基準を満たした飲食店を「取組宣言店舗」に認定し、ステッカーやポスターを配布するとともにホームページに掲載して、「安心して利用で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク