全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

待ち望んだキャンパス

愛大豊橋校舎が歓迎イベント

 豊橋市町畑町の愛知大学豊橋校舎で12日、今年4月入学の1年生を対象に「ウェルカムキャンパスフェスタ」が開かれた。新型コロナウイルス感染拡大で前期は1度も通学機会がなく、学生たちは同級生との生の初対面を喜び、キャンパスを巡りながら学生気分を満喫した。  豊橋校舎で学ぶ文学部、地域政策学部、短期大学部の半数の約500が参加した。学部の説明会や学内施設を巡る見学会、クラブやサークルの勧誘ブースを訪ねるなど、待ち望んだキャンパスライフを楽しんだ。

 ツアーでは、学習教育支援センターやキャリア支援センターなどで職員から説明を受けたり、今後履修する「学習法」と呼ばれる講座を少人数グループで体験したりして、対面授業のイメージを膨らませていた。  同大学の前期はオンライン授業のみで通学機会はなかったが、演習系科目で活用したテレビ会議システムの授業や、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・システム)の同じコミュニティーで、すでに知り合っていた学生も多かった。  岡崎市から通学する短期大学部の藤田なぎささん(19)は「これまでオンライン授業ばかりで大学生活の実感は薄かった。後期は通学機会も増えて不安も和らぎそう」と安堵した。  一方、知多市から通う同学部の竹内遥香さん(19)は入試も豊橋以外で受験し、この日初めて豊橋校舎に入った。「通学できずにつまらなかったのでうれしい。広くて森のように緑が多いので驚いた」とよろこんだ。  愛知大は4月以降、感染拡大防止策としてオンライン授業が中心だったが、8月から警戒レベルを徐々に引き下げて対面授業の機会を増やしていくことを検討する。  短期大学部の龍昌治学部長は「図書館なども活用して、オンラインではできなかった学びを体験してほしい」などと助言した。

関連記事

「ヨットのまち」沖合を56艇が疾走 蒲郡でエリカカップ

 日本最大級のヨットレース「エリカカップ」が19日、蒲郡市の沖合で開かれた。愛知県や三重県から56艇が出場した。  1981年に冒険家の長江裕明さんを乗せた「エリカ号」が、常滑市から出港し4年...

「日本画壇の風雲児」中村正義の画業たどる 生誕100年、豊橋で展示会

 豊橋市向山大池町の「ギャラリーサンセリテ」で企画展「生誕100年 中村正義展―豊橋の正義さん」が開かれている。「日本画壇の風雲児」と呼ばれた作家の画業を豊橋ならではの展示で紹介している。26日まで。...

「がまごおりじなる」潮干狩り

 蒲郡市シティセールス推進協議会は12日、三谷地区の水神海岸で市民対象のイベント「がまごおりじなる潮干狩り大会」を開催した。市制施行70周年記念事業の一環。  協議会は自分たちで蒲郡ならではの...

長野日報社

災害への備え再確認 防災拠点巡るウオーキング JOCA駒ケ根

 JOCA(青年海外協力協会、本部・長野県駒ケ根市)駒ケ根は11日、同市中心部の防災拠点などを巡って、能登半島地震被災地にエールを送るウオーキングイベント「ゴッチャ!ウオーク」を開いた。子どもか...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク