全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ラリー北海道 無観客で開幕 砂煙上げ十勝路疾走 陸別

 十勝を舞台にしたラリーの国際大会「ラリー北海道2020」(全日本ラリー選手権第9戦)が12日、無観客で開幕した。初日は足寄、陸別町内に設けられたスペシャルステージ(SS)で競技が始まり、ラリーカーが迫力の走りをみせていた。競技は13日も行われる。

SS3でトップに立った鎌田卓麻のスバルWRX-STIの走り

 12日は足寄町内のSS「ヌプリパケ」(12.53キロ)、陸別町内の「ヤヨイ」(9.27キロ)、「リクベツロング」(4.63キロ)で競技が行われた。

 SS3「リクベツロング」では、ラリーカーが林道を砂ぼこりを巻き上げながら疾走。SS3を終えた暫定順位で、地元北海道出身の鎌田卓麻(スバルWRX STI)が16分40秒1のタイムで首位に立った。

 今年は新型コロナウイルスの影響で無観客開催となり、一般は周辺に立ち入ることができない。そのため、ラリーカーを一目見ようと熱心なファンが足寄、陸別の両町内を訪れていた。

 足寄町内で移動するラリーカーを見送った札幌市の50代の会社員男性は「ラリー北海道はグラベル(未舗装路)が魅力。毎年観戦してきたので無観客は残念。今年は十勝を観光しながら楽しみたい」と話していた。

関連記事

荘内日報社

湯野浜小 力合わせ「砂のアート」

 鶴岡市の湯野浜小学校(八渡宗一郎校長、児童109人)の伝統行事「砂の造形大会」が16日、同市の湯野浜海水浴場で行われた。全校児童が協力してウミガメやアザラシなどの大きな砂のアートを完成させた。  児...

十勝8店の“あんことミルク”食べて応援

 十勝を代表する小豆や乳製品の消費喚起を目的に、管内8店舗のオリジナル商品を応援する「あずき食べてみるく?キャンペーン」が、30日まで行われている。同キャンペーン事務局は「小豆と乳製品の相性は抜群...

宇部日報社

鰐鳴八幡宮のヒガンバナ見ごろ

 山口市上小鯖の鰐鳴八幡宮(通称・小鯖八幡宮)でヒガンバナが見頃を迎え、訪れた人の目を楽しませている。同所は約200㍍の参道の両側に約10万本が咲き誇るヒガンバナの名所。開花のピーク時は、まるで...

宇部日報社

鰐鳴八幡宮の

 山口市上小鯖の鰐鳴八幡宮(通称・小鯖八幡宮)でヒガンバナが見頃を迎え、訪れた人の目を楽しませている。同所は約200㍍の参道の両側に約10万本が咲き誇るヒガンバナの名所。開花のピーク時は、まるで赤...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク