全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

加工品製造現場に興味津々 庄内町の6次産業化施設を視察

 山形大農学部に事務局を置く「食と農のビジネス塾」が10日、庄内町の6次産業化施設2カ所を授業の一環として視察、研修した。

 5期生26人が訪れたのはJR余目駅前クラッセ(庄内町新産業創造館)とタチラボ(立谷沢川流域活性化センター)の2カ所。コロナ禍のため、今年度前半の授業はほとんどオンライン講義だったため、実質塾生同士の初の顔合わせになった。またSEADS(鶴岡市農業経営者育成学校)の第1期生13人はそのまま塾生として参加した。

 タチラボでは前年度の4期生で庄内町地域おこし協力隊員の高木和真さんと西尾真生(まお)さんが6次産業化となる農産加工品を地元の農家と共に作っている。2人は青森県出身。また、もう1人の隊員で沖縄県出身の伊計麻衣子さんはデザイナーとして加工品のパッケージでも才能を発揮している。

 3人が手掛けた干し柿バターサンドクッキー「ほしがきさん」は県の土産菓子コンテストで最優秀賞に輝き、町の名物商品になっている。またポストコロナの地方移住先としても「庄内町に問い合わせが多くなっている。農業への興味の表れは確かです」という高木さんの説明に参加者たちは耳を傾けていた。

 塾生で山大農学部大学院1年生の佐々木康太さんは「加工品作りの現場を見られて非常に興味深かった。作っても無駄にならないよう、バランスを取って生産していくことの重要さも聞けて参考になりました」と話していた。

 同ビジネス塾は来年3月まで基礎、経営、加工、販売、農業技術、ビジネス計画書作成の6科目について、視察、実習を含むコースで体系的に学んでいく。

元塾生の西尾さんが現塾生たちに加工品作りの機器などを説明した

関連記事

紀伊民報社

南高梅の収穫始まる 不作とひょう害で厳しく

 梅産地のみなべ町や印南町で、主力品種「南高梅」の収穫が始まった。JA紀州によると、暖冬や不完全な花が多かった影響などにより例年にない不作の上、ひょうの被害も重なり、厳しい年となっている。  ...

荘内日報社

庄内町産豚肉使用のレトルトカレー販売開始 北月山荘フレンチ食堂 モン・ヴィ..

 庄内町の月の沢温泉・北月山荘のフレンチ食堂「モン・ヴィペール」で調理を担当するシェフ・富樫一仁さん(42)が、同町産豚肉を使ったレトルトパック「ポークカレー」の販売を今月から開始した。同施設限定販...

国旗検定合格・山下さんの夢応援 帯広の澤田さん国連切手プレゼント

 帯広市在住の元自衛官澤田孝廣さん(76)は、「国際知識検定国旗(国旗検定)」1級に合格した下音更小学校3年生の山下康(こう)さん(8)に、1000枚超の「国連切手(国旗シリーズ)」をプレゼントし...

宇部日報社

おーるうぇいずが自立援助ホーム「永紬」開設 市内初20歳未満の入所施設【..

 NPO法人おーるうぇいず(松本鉄己代表)が、自立援助ホーム「永紬(なつむ)」を宇部市内に開所した。義務教育を終えた15歳からの子どもたちが、社会で自立した生活を送れるように、家庭的な雰囲気の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク