全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

飛行機パンダと記念撮影

撮影した写真を表示する電子看板(白浜町の南紀白浜空港で)

 南紀白浜エアポートは、和歌山県白浜町の南紀白浜空港搭乗待合室に、記念撮影が楽しめるデジタルサイネージ(電子看板)を設置した。エアポート社とNECが中心になって展開している顔認証システムの実証実験に、日本航空が参画したことに伴う企画。無料で利用できる。

顔認証の技術で
 搭乗までの時間を楽しんでもらおうという取り組み。サイネージの横に取り付けた小型カメラで撮影する。フォトフレームには飛行機に乗ったパンダや白良浜、日航機のイラストを用いている。笑顔を採点する機能もあり、氏名や生年月日、メールアドレスなどを登録しておけば、写真がメールで届く。現場でも登録できる。  10月には、白浜空港で手荷物の待ち時間を可視化する企画も始める予定。カメラで個人を特定し、荷物が来るまで何分かをサイネージで表示する。利用には事前登録が必要。
 エアポート社によると、記念撮影や待ち時間の可視化は、国内空港では初めての取り組みになる。
 このほか、羽田空港(東京)の白浜行き定期便出発口近くにある店舗「ブルースカイ」では10月から、顔認証での決済で買い物ができるようになる予定という。こちらも事前登録が必要になる。

コロナ禍でも健闘 白浜―羽田線旅客数
 エアポート社によると、日航白浜―羽田線の月別旅客数は、7月5229人、8月9813人だった。5月が319人、6月で1190人だったことと比べると、コロナ禍の中でも健闘していると言えそうだ。  日航は3日、新型コロナの影響を踏まえた9月分の減便を発表したが、白浜―羽田線は含んでいない。

関連記事

荘内日報社

200人力合わせ飛島をきれいに

 本県唯一の離島・飛島の自然豊かな環境を守ることを目的とした清掃活動「飛島クリーンアップ作戦」が25日、島内の荒崎海岸一帯で行われ、酒田市内外から参加したボランティア有志や島民計約200人が散乱した漂着...

クマ用スプレー貸し出します 高額、飛行機持ち込み不可…不便多く 帯広

 大雪山系の豊かな自然と十勝に魅せられた東京都の会社員白岩慎隆(のりたか)さん(51)が、登山者向けにクマ撃退スプレーのレンタル事業を始める。スプレーの飛行機持ち込みに制限があることなど自身の感じ...

宇部日報社

住吉まつりに3万人 47団体が踊りや太鼓で盛り上げ【山陽小野田】

 第13回「復活!住吉まつり」は26日、山陽小野田市東住吉町の住吉神社をメイン会場に開かれた。青天の下、恒例のパレードやステージイベントに加えて周辺施設でも多彩なイベントが行われ、約3万人(...

長野日報社

危機感募る観光地 サル出没相次ぐ光前寺周辺 長野県駒ケ根市

 長野県駒ケ根市駒ケ根高原の光前寺周辺で、野生のニホンザルの出没が相次いでいる。10年ほど前から頻繁に現れるようになったが、「今年は特にひどい」(地元関係者)。人的被害こそ確認されていないものの...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク