全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

トヨタ北海道、施設見学受け入れ再開 小中学校限定、学びの場提供

コロナ対策を徹底しながら見学する児童ら

 苫小牧市勇払の自動車部品製造業、トヨタ自動車北海道(北條康夫社長)は10日、小中学校の社会科見学向けに、展示施設限定で受け入れを再開した。新型コロナウイルス流行の影響で、集団の受け入れに二の足を踏む企業が多い中、感染防止策を徹底させ、子どもたちに学びの場を提供。すでに20校以上の見学予約が入っており、同社は「新しい展示も用意した。学習支援につながれば」と話している。

 工場見学そのものにはまだ対応していないが、小中学校の学校行事、最大60人に限定。予約制で受け入れを再開した。安心して見学できるよう、定期的な消毒や換気、マスク着用など新北海道スタイル「七つプラス1の習慣化」を実践。入場者を一人ずつサーモカメラで検温し、代表者に北海道コロナ通知システムの導入を求めるなど、コロナ対策を徹底している。

 子どもたちを受け入れる「はすかっぷホール」内に、見学用の新施設「ハスカップビジョン」を整備。15メートルほどの通路状の両壁に映像を投影し、トヨタ車両の魅力を伝えるなど趣向を凝らす。機械加工の様子などをまとめた映像も、「密」を避けるためアリーナで椅子を間隔を空けて並べ、縦8メートル、横10メートルの大スクリーンで上映。無段階変速機「ダイレクトシフトCVT」など製品も見学できる。

 10日は小樽高島小学校(高橋恒雄校長)の6年生39人が修学旅行で訪れ、トヨタ生産方式や「からくり改善」などを学んだ。石栗ひまりさん(12)は「未来につながり、世界に関わる車について学べて楽しかった」と笑顔。同小は修学旅行を先送りして実施したが、高橋校長は「企業は他に打診しても駄目だった。トヨタとは巡り合わせがよかった」と喜んだ。

 同社は工場見学で年間6500人を受け入れており、約3割が苫小牧や札幌など各地の小学生だ。昨年12月から新型CVTの生産ライン増設に伴い、見学ラインを刷新するため見学の受け入れを中止。今年4月の再開を目指していたが、コロナ禍で延び延びになっていた。案内スタッフの佐野未来さん(21)は、マスクとマウスシールドの「二重装備」で飛沫(ひまつ)を防止しながら解説を担当。「話しづらかったけど子どもたちの笑顔が見られてうれしかった。新北海道スタイルを実践しているので、多くの子どもたちに来てもらいたい」と話している。

 一般工場見学の受け入れ再開は未定。

関連記事

荘内日報社

プロと一緒に撮影 仙台の中学生が時代劇の映画づくり体験

 鶴岡市羽黒町川代のスタジオセディック庄内オープンセットに17日、仙台市立長命ケ丘中学校(長沼致弘校長)の2年生63人が校外活動で訪れ、名作の数々が生み出されたセットを使った時代劇の映画づくりを体験した...

紀伊民報社

県文化財指定を検討 安居の暗渠(あんきょ)

 和歌山県教育委員会は、白浜町の日置川沿いにある「安居の暗渠(あんきょ)」と水路について、県文化財指定を検討すると明らかにした。貴重な存在と評価し、保存や活用の方法も併せて考える。  17日の...

ガチャ440種 道東最大級 イオン帯広にオープン

 トーシン(帯広市、宮本達也社長)は18日、イオン帯広店(帯広市西4南20)2階に、カプセル入り玩具「ガチャガチャ」が400種類以上並ぶショップ「#C-pla(シープラ)」をオープンさせた。同...

宇部日報社

山陽小野田市が新型コロナ対策に取り組む飲食店を「取組宣言店舗」に認定

 山陽小野田市は、新型コロナウイルスの感染防止対策に取り組み、一定の基準を満たした飲食店を「取組宣言店舗」に認定し、ステッカーやポスターを配布するとともにホームページに掲載して、「安心して利用で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク