全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

コロナ禍 伸びる個人利用 よつ葉アリーナ開館半年 帯広

新型コロナの影響を受けながらも個人を中心に利用が伸びている新総合体育館。夜間の営業時間延長も奏功している

 帯広市は11日までに、新総合体育館「よつ葉アリーナ十勝」の開館から半年間(2月29日~8月31日)の利用状況をまとめた。見学者を含む総利用者数は7万9568人で、旧体育館時の昨年同期(7万200人)と比較して9000人以上増えた。新型コロナウイルスが団体・大会利用に影響し一時休館も強いられたが、トレーニング室の充実や夜間の営業時間を延ばしたことが奏功し、個人を中心に利用が増えた。

 半年間の利用の内訳は、個人が4万8309人、団体(専用)が2万4050人。旧体育館時代と比べて個人と団体の利用数が逆転した。

 新総体はコロナの影響でオープン記念イベントが中止になるなど厳しい船出に。4月中旬から1カ月以上は休館を余儀なくされ、5月の利用はわずか1534人と落ち込んだ。

 ただ6月の再開後は右肩上がりで利用が増加。各種大会が規模を縮小するなど自粛ムードは続いているが、8月は1万9989人と2万人台に迫る利用状況となった。

 新総体は旧施設に比べて延べ床面積が2.5倍に拡大。メイン・サブアリーナの競技スペースが拡充され、1周275メートルのランニングコースやキッズスペースといった機能が加わるなどトレーニング室の設備が充実した。営業時間を1時間延ばして午後10時までとし、学校や仕事帰りの学生、会社員の平日利用がしやすくなった。

 設備・運営面の変更に加え、イベントの中止・縮小に伴い、アリーナの個人利用が可能な時間帯が増え、利用数を押し上げた。市スポーツ課は「施設の利便性の向上とレッスンプログラムなど(指定管理者の)自主事業が利用増につながった」とみている。

 今月から全十勝規模の競技会が再開し通常の運営状態に戻りつつあるが、全日本女子フットサル選手権(10月末)など全国レベルの大会が実施可能なのか見通せない部分も。市総体マネジャーの西尾仁さんは「コロナ対策を徹底しながら、大会運営のサポートなど、競技団体や利用者の満足度を高めていきたい」と話している。

関連記事

荘内日報社

プロと一緒に撮影 仙台の中学生が時代劇の映画づくり体験

 鶴岡市羽黒町川代のスタジオセディック庄内オープンセットに17日、仙台市立長命ケ丘中学校(長沼致弘校長)の2年生63人が校外活動で訪れ、名作の数々が生み出されたセットを使った時代劇の映画づくりを体験した...

紀伊民報社

県文化財指定を検討 安居の暗渠(あんきょ)

 和歌山県教育委員会は、白浜町の日置川沿いにある「安居の暗渠(あんきょ)」と水路について、県文化財指定を検討すると明らかにした。貴重な存在と評価し、保存や活用の方法も併せて考える。  17日の...

ガチャ440種 道東最大級 イオン帯広にオープン

 トーシン(帯広市、宮本達也社長)は18日、イオン帯広店(帯広市西4南20)2階に、カプセル入り玩具「ガチャガチャ」が400種類以上並ぶショップ「#C-pla(シープラ)」をオープンさせた。同...

宇部日報社

山陽小野田市が新型コロナ対策に取り組む飲食店を「取組宣言店舗」に認定

 山陽小野田市は、新型コロナウイルスの感染防止対策に取り組み、一定の基準を満たした飲食店を「取組宣言店舗」に認定し、ステッカーやポスターを配布するとともにホームページに掲載して、「安心して利用で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク