全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

画面越し十勝ツアー 自粛で減収 補てん策 産品送り気分演出

 新型コロナウイルスの影響が長引く中、十勝管内の観光・運輸業者の一部に、オンライン上で観光や農作業を楽しむ疑似ツアーを開催する動きが出ている。夏場から収穫の秋にかけて十勝は、本来なら観光の稼ぎ時だが、今年は移動自粛の風潮で管外客が見込めない状況。ツアー前後に収穫したての農産品を送付するなど、十勝に来た気分を味わえる工夫を凝らしている。

収穫風景をオンラインで伝えた、いただきますカンパニーのツアー

 管内の畑で収穫体験を提供している「いただきますカンパニー」(帯広市、井田芙美子代表)は6日、帯広市以平町の道下広長農場(道下洋太代表)のジャガイモ畑で、ビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」を使ったツアーを実施。同社の岡野香子さんがオンライン上で、メークインの収穫作業を解説した。この日収穫したジャガイモは、2組の参加者に後日届けられる。

 コロナの拡大を受けて体験ツアーの集客が難しくなり、利用は昨年の2割程度に。これを受けて菜の花畑の散策、トウモロコシ収穫などの体験ツアーをオンラインで展開した。5月以降に10回程度開催、道外を中心に100人以上を集めた。年内に複数回の開催を予定している。

 減収を補うまでには至っていないが、大学の授業や企業研修などの引き合いもあり、「今まで顧客になり得なかった方たちと関われるチャンス」(井田代表)と、手応えを感じている。課題は集客のためのPR力で、オンラインとオフラインの「ハイブリッド型」の事業展開を検討する。

 旅行会社のクラブツーリズム(東京)は8月、幕別町と沖縄県宮古島をつなぐオンライン縦断旅を実施。同社は幕別町内の十勝ヒルズと付き合いがあり、実現した。15人が参加し、十勝ヒルズの花畑などを紹介。1人9800円で、十勝ヒルズが生産するマンガリッツァ豚のスモークベーコンや宮古島のマンゴーなどを参加者に送り、旅のムードを演出した。

 今後、オンラインツアーを開く予定はないが、参加者から評価する声が多数寄せられた。営業企画部の増渕俊貴さんは「コロナ後を見据え、顧客や(受け入れる)施設側との関係をつなぐ意味でもオンラインツアーは重要」と話す。

 十勝バス(帯広市)も9月末に2回のオンラインツアーを計画。参加者に車窓から見える景色の収録映像を届けるほか、農場の収穫風景を生中継で配信することにしている。

 一方でオンラインツアーには冷めた声も。帯広市内のツアー会社の経営者は「人との触れ合いをネットで代替するのは難しい。オンラインツアーで成功しているのは海外の秘境などが多い」と述べ、魅力的なコンテンツづくりが必要としている。

関連記事

米原利用ルール順守を 注意喚起看板設置 ビーチジャーニーが寄付

 米原海岸の駐車場2カ所に米原海岸の利用ルールを表示した畳ほどの大きさの看板2枚が15日までに設置された。石垣島米原海岸自然保護協会(花城康志代表理事)がチャリティーアクセサリーショップの「Beac...

長野日報社

諏訪湖一周で「スワイチ」認定証 湖周3観光協会が連携企画 長野県

諏訪湖一周を「スワイチ」と呼びます―。長野県にある諏訪湖の湖周2市1町の観光協会が連携し、諏訪湖一周を通じて諏訪湖の魅力を体感、発信する企画を始めた。第一弾は15日から、自転車で楽しむ「スワイチ...

長野日報社

企画展「背中から見る土偶」 長野県茅野市尖石縄文考古館

 長野県茅野市尖石縄文考古館は、土偶を後ろ向きに展示した企画展「背中から見る土偶」を開いている。同館は「手抜きのない背中の造形美もじっくり見てもらえれば」としている。11月23日まで。  同館に...

長野日報社

花火観賞とまち歩き 諏訪観光協会が企画展開

諏訪観光協会は、諏訪市の諏訪湖で今月始まった「諏訪湖オータム花火」に合わせ、花火に集まる人たちにまち歩きやドライブ、飲食や宿泊を楽しんでもらう企画を展開している。JAF長野支部との共同企画「諏訪ド...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク