全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

RORO船が苫小牧港に試験寄港 貨物定期航路化目指す-釜石市など企画

苫小牧港・西港勇払埠頭に着岸した玄武。道内企業向け線材などの積み荷を降ろした

 岩手県内の企業の貨物を積んだRORO船(フェリー型貨物船)が9日、苫小牧港・西港勇払埠頭(ふとう)に着岸した。同県釜石市と釜石港湾振興協議会が中心となって企画した試験寄港で、道内企業とも連携して亜鉛メッキ線材や紙製品などを運んだ。同港では国際コンテナ貨物の取扱量が年々増加しており、関係者は東日本大震災以降、途絶えたままになっている国内海上輸送の主流を担うRORO船の定期便復活も目指す。

 釜石市は高速道路の釜石道や三陸道の結節点にある地理的優位性を生かした経済活性化へ、大型のトレーラーなどをそのまま積んで輸送できるRORO船の定期航路開設による釜石港の利用促進を展望している。

 9日、プリンス海運(神戸市)のRORO船「玄武」(7971トン)は勇払埠頭で、岩手県内の企業5社の貨物を積んだシャシー6台を降ろした。試験寄港には苫小牧の港湾物流企業、ナラサキスタックスも協力した。

 釜石港で1日に同船の姉妹船「デイブレイクスベル」(同)が空のシャシー4台を陸揚げ。同県内で集荷後、8日に玄武への積み出しを行ったという。

 同市国際港湾産業課の中平貴之課長補佐は「今回は試験寄港だが、いずれRORO船定期航路の開設、ハブ(拠点)ポート化につなげたい」と話す。

 同港には2011年3月の東日本大震災前、4日置きにRORO船が寄港していたが、震災で港湾施設が損傷し定期便は途絶えた。復旧作業を進め、同年7月に国際フィーダーコンテナ定期航路、17年に外貿コンテナ定期航路を開設。コンテナ取扱量は19年に20フィートコンテナ換算で9292個と震災前(10年)の114個から80倍以上に増えている。

 定期航路化に向けた最大の課題は集荷体制の構築。自動車産業を中心に県内の立地企業は貨物の運搬に仙台港などを利用するケースが多く、同市は輸送コストや二酸化炭素(CO2)削減など利点をアピールしていく。

関連記事

荘内日報社

プロと一緒に撮影 仙台の中学生が時代劇の映画づくり体験

 鶴岡市羽黒町川代のスタジオセディック庄内オープンセットに17日、仙台市立長命ケ丘中学校(長沼致弘校長)の2年生63人が校外活動で訪れ、名作の数々が生み出されたセットを使った時代劇の映画づくりを体験した...

紀伊民報社

県文化財指定を検討 安居の暗渠(あんきょ)

 和歌山県教育委員会は、白浜町の日置川沿いにある「安居の暗渠(あんきょ)」と水路について、県文化財指定を検討すると明らかにした。貴重な存在と評価し、保存や活用の方法も併せて考える。  17日の...

ガチャ440種 道東最大級 イオン帯広にオープン

 トーシン(帯広市、宮本達也社長)は18日、イオン帯広店(帯広市西4南20)2階に、カプセル入り玩具「ガチャガチャ」が400種類以上並ぶショップ「#C-pla(シープラ)」をオープンさせた。同...

宇部日報社

山陽小野田市が新型コロナ対策に取り組む飲食店を「取組宣言店舗」に認定

 山陽小野田市は、新型コロナウイルスの感染防止対策に取り組み、一定の基準を満たした飲食店を「取組宣言店舗」に認定し、ステッカーやポスターを配布するとともにホームページに掲載して、「安心して利用で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク