全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

広尾にハンタースクール ジュラテクノロジー

 有害鳥獣捕獲事業などの「ジュラテクノロジー」(本社・大樹町晩成、富田茂社長)は、狩猟技術者を養成する事業拠点を、現在の大樹町晩成から広尾町野塚8線の旧野塚保育所に移す。次世代のハンターを育てる「ハンタースクール」として、事業を充実させることが目的。

大樹の企業ジュラテクノロジーの「ハンタースクール」の拠点となる広尾町の旧野塚保育所

 同社はキャリオ技研(名古屋市、富田茂社長)の関連法人。キャリオ技研はドローンによる野生鳥獣の制御実験などに取り組み、大樹、広尾、幕別の3町と連携協定を結んでいる。

 同社は2月からハンターの教習を開始。狩猟技術に加え、ジビエとして出荷するためのエゾシカの解剖方法やドローンの操縦法など最先端の学習を盛り込んでいる。

 連携協定を結ぶ3町で新たな拠点施設を探す中、2014年3月に閉所した旧野塚保育所に着目した。施設は鉄骨造り平屋建てで床面積271平方メートル。敷地面積は5720平方メートル。同社は「ドローンを飛ばしたり、わなをくくりつけたりするスペースもあり、最適な場所」とする。

 広尾町内では、エゾシカなどの鳥獣被害額が毎年8000万円前後に及ぶため、町農林課は「ハンターの育成は農林被害の拡大防止につながる」と歓迎している。町は9日開会の町議会定例会で建物と土地の貸与に関する議案を提出した。

 今後は施設内の清掃や整備を行い、10月中旬以降から活用する予定。同社は「コロナ禍の影響で4~6月はハンター教習を実施できなかった。今後は広尾を拠点に受講生のレベルに応じた教習を進めたい」と話している。

関連記事

荘内日報社

プロと一緒に撮影 仙台の中学生が時代劇の映画づくり体験

 鶴岡市羽黒町川代のスタジオセディック庄内オープンセットに17日、仙台市立長命ケ丘中学校(長沼致弘校長)の2年生63人が校外活動で訪れ、名作の数々が生み出されたセットを使った時代劇の映画づくりを体験した...

紀伊民報社

県文化財指定を検討 安居の暗渠(あんきょ)

 和歌山県教育委員会は、白浜町の日置川沿いにある「安居の暗渠(あんきょ)」と水路について、県文化財指定を検討すると明らかにした。貴重な存在と評価し、保存や活用の方法も併せて考える。  17日の...

ガチャ440種 道東最大級 イオン帯広にオープン

 トーシン(帯広市、宮本達也社長)は18日、イオン帯広店(帯広市西4南20)2階に、カプセル入り玩具「ガチャガチャ」が400種類以上並ぶショップ「#C-pla(シープラ)」をオープンさせた。同...

宇部日報社

山陽小野田市が新型コロナ対策に取り組む飲食店を「取組宣言店舗」に認定

 山陽小野田市は、新型コロナウイルスの感染防止対策に取り組み、一定の基準を満たした飲食店を「取組宣言店舗」に認定し、ステッカーやポスターを配布するとともにホームページに掲載して、「安心して利用で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク