全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

食のキャンペーン「トトタベローネ」 食を通じ魅力と問題考える

 食を通じて庄内の海や魚の魅力、海の問題点を考える食のキャンペーン「トトタベローネ」が5日、鶴岡市由良地区を会場に開かれ、庄内浜で捕れる天然のタイをテーマにした親子漁村体験が行われた。

 日本財団(東京)が全国展開している「海と日本プロジェクト」の一環で、同市の由良地域協議会「ゆらまちっく戦略会議」などが中心となり、トトタベローネin庄内浜実行委員会(齋藤勝三会長)を組織。キャンペーンは全国展開されており、本年度は庄内を含め全国4地域で繰り広げられる。庄内浜では消費が少なくなってきているタイにスポットを当て、子どもたちにも喜ばれるラーメンの開発・展開を進めている。

 今回のイベントは県内の小学5―6年生を対象にし、同日は子どもと大人、計10組が参加。地元漁師や同地区で魚食文化の発信に力を入れる「ゆらまちっく海鮮レディース」などの協力を得て漁業の見学や魚を使った料理体験のほか、海岸で拾ったごみで万華鏡を作るなど、海洋ごみ問題についても学んだ。

 このうち、午前中は同市の由良漁港から参加者を乗せた2隻の船が出港、陸から約5キロの漁場まで移動。地元漁師によるごち網漁を見学した。齋藤会長から「ごち」は漁師自らの知恵を使うという「吾智」に由来し、その日の潮の流れや網を海中に落とすタイミングなどで漁獲量が左右されるため、長年の知恵や経験が必要とされる漁であることなどが説明された。子どもたちは船の揺れに耐えながらも間近で見る漁師の迫力ある操業に見入っていた。

 帰港後、子どもたちは捕れた約3キロのタイに触れ、色鮮やかな肌や模様に興味津々。実際に包丁を使ってさばき、タイ飯やタイを使った団子汁、さらにカルパッチョに姿を変えたタイを昼食として味わった。

 参加した朝暘六小5年、菅原澪さん(10)は「釣りが趣味でタイをさばくのは今回で2回目。中骨を取ったり皮剥ぎしたり、中でもタイをタタキにする作業が一番面白かった。実際に漁を見て漁師さんの大変さがよく分かった」と話していた。

鶴岡市の由良漁港から約5キロの沖合で地元漁師によるごち網漁を見学=5日、午前10時ごろ

親子でタイのさばきにも挑戦した=同市由良コミュニティセンター

関連記事

紀伊民報社

地蔵の顔欠け「かわいそう」 「百間ぐら」で風化か

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている熊野古道「小雲取越」の途中にある和歌山県田辺市本宮町の名所「百間ぐら」で、道沿いにある地蔵の顔が欠けた状態になっている。風化によるとみられるが...

小中学校 「ふっこう応援給食の日」 能登牛カレーに舌鼓  白老

白老町の小中学校で11日、石川県のブランド牛「能登牛」を使ったビーフカレーが給食に提供された。白老牛銘柄推進協議会(岩崎考真会長)が能登半島地震の被災地支援のため購入した牛肉。町教育委員会(しらお...

忠類から詐欺撲滅! ボランティア団体「どんとこいの会」結成

 幕別町忠類で、地元建設会社とシニアクラブが詐欺撲滅を目指すボランティア団体「詐欺撲滅団 忠類どんとこいの会」を結成した。帯広署管内でSNS詐欺防止のボランティア団体がつくられるのは初めて。同署忠...

荘内日報社

“郵便のお仕事”興味津々 松原保育園児が鶴岡郵便局訪問

 鶴岡市宝町の市立松原保育園(齋藤功園長、園児115人)の園児たちが11日、同市山王町の鶴岡郵便局(藤井泰局長)を訪問し、仕分けや押印など郵便業務を見学した。  園児たちが大好きな郵便配達をテーマにし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク