全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「狩勝電鉄」が試運転 りくべつ鉄道で 増田さん自作

「狩勝電鉄」の試運転を行う増田さん

 旧ふるさと銀河線の気動車や線路を活用した観光施設「ふるさと銀河線りくべつ鉄道」で3日、新得町の狩勝高原エコトロッコ鉄道で8日に運行を開始する手作りトロッコ電車「狩勝電鉄」の車両が試運転を行った。

 狩勝電鉄はモーターで駆動するため「電車」のカテゴリーに入るトロッコで、エコトロッコを運営する増田秀則さん(56)が自作した。8月に完成し、旧国鉄色にペイントされた木製の車体に本物の電車と同様の運転台を備える。営業時の最高時速は8キロを予定し、運転手を含む4人が乗車できる。

 この日は旧ふるさと銀河線の金澤踏切-松浦踏切間と分線-石井踏切間で試験走行し、車両に不具合がないかなどを調査。時折小雨の降る中、運転する増田さんが手動のワイパーを作動させながら慎重に車両を操作した。増田さんは「もともとあった線路を走るのは心地いい。いろいろな人がこの楽しさを味わえると喜ばれると思う」と話した。

 同線は国鉄網走本線時代も含め「電車」が走行するのは初めて。同鉄道で運行を管理する郡山卓也さんは「線路が残っていたからこそできた」と話す。運営する町商工会の杉本武勝事務局長は「将来的には、管内の各団体と連携したトロッコ事業も行えれば」と期待を寄せている。

関連記事

米原利用ルール順守を 注意喚起看板設置 ビーチジャーニーが寄付

 米原海岸の駐車場2カ所に米原海岸の利用ルールを表示した畳ほどの大きさの看板2枚が15日までに設置された。石垣島米原海岸自然保護協会(花城康志代表理事)がチャリティーアクセサリーショップの「Beac...

長野日報社

諏訪湖一周で「スワイチ」認定証 湖周3観光協会が連携企画 長野県

諏訪湖一周を「スワイチ」と呼びます―。長野県にある諏訪湖の湖周2市1町の観光協会が連携し、諏訪湖一周を通じて諏訪湖の魅力を体感、発信する企画を始めた。第一弾は15日から、自転車で楽しむ「スワイチ...

長野日報社

企画展「背中から見る土偶」 長野県茅野市尖石縄文考古館

 長野県茅野市尖石縄文考古館は、土偶を後ろ向きに展示した企画展「背中から見る土偶」を開いている。同館は「手抜きのない背中の造形美もじっくり見てもらえれば」としている。11月23日まで。  同館に...

長野日報社

花火観賞とまち歩き 諏訪観光協会が企画展開

諏訪観光協会は、諏訪市の諏訪湖で今月始まった「諏訪湖オータム花火」に合わせ、花火に集まる人たちにまち歩きやドライブ、飲食や宿泊を楽しんでもらう企画を展開している。JAF長野支部との共同企画「諏訪ド...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク