全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

八重山 カエル2種が新種と判明 独自の形成過程示す ヤエヤマヒメアマガエル ヤエヤマカジカガエル

新たに新種となったヤエヤマヒメアマガエル(左)とヤエヤマカジカガエル(富永篤准教授提供)

 京都大学の松井正文名誉教授と琉球大学の富永篤准教授の共同研究により、これまでヒメアマガエルとリュウキュウカジカガエルとされてきたカエルの八重山に生息する個体群がそれぞれヤエヤマヒメアマガエルとヤエヤマカジカガエルの新種であることが明らかになった。日本爬虫両棲類学会が発行する「Current Herpetology」に8月25日付で掲載された。2種が新種となったことで八重山と奄美大島から沖縄本島にかけての中琉球との間で共通する種はいなくなった。

 ヤエヤマヒメアマガエルはヒメアマガエルに比べ体が大きく、後肢がやや短い。腹面の斑点の模様が喉から腹部まで広がるなどの特徴がある。

 ヤエヤマカジカガエルはリュウキュウカジカガエルに比べ頭部が相対的に小さく、下顎の縁の黒い斑点が多いことなどで見分けられる。

 両種は、与那国島を除く石垣島や西表島、波照間島などに生息。今回の発見で日本で見られるカエルは50種となった。

 ヤエヤマヒメアマガエルは低地から山地にかけての森林、草原などに生息し主にアリを獲物とする。日本一小さなカエルだがその鳴き声は大きい。オタマジャクシの体はやや扁平(へんぺい)で、目は左右両端にあり、胴体は透明で内臓が透けて見える。

 ヤエヤマカジカガエルは低地から山地までの草原、森林、河川のほかに排水溝などさまざまな環境に生息。オスよりもメスの方が大きく、体色は褐色や黄色などで美しい声で鳴く。

 富永准教授は「八重山は中琉球とは違う種の形成過程があるということだ。八重山の独自性があらためて示された」と話した。

関連記事

荘内日報社

にぎわい創出の拠点 「日和山小幡楼」オープン(酒田)

 酒田市が、日吉町二丁目の「旧割烹小幡」を新たな交流観光拠点施設として改修した「日和山小幡楼」が20日オープン。セレモニーで丸山至市長(67)は「受け継がれてきた歴史的な価値を高め、にぎわい創出につな...

紀伊民報社

よし田(上富田)、竹寳(白浜)に「星」/ミシュランガイド特別版

 「日本ミシュランタイヤ」(本社・東京都)は19日、厳選した飲食店を星の数などで評価し紹介するガイドブック「ミシュランガイド京都・大阪+和歌山2022」の掲載店を発表した。ミシュランガイドで和歌...

希少鳥類7種を確認、ドローンで勇払原野の生息調査

日本野鳥の会ウトナイ湖サンクチュアリ(苫小牧市植苗)は野鳥繁殖期の4~8月、市内東部に広がる勇払原野でドローンなどを用いて実施した新手法の鳥類調査で、国内レッドリストに掲載された絶滅の恐れがある希...

ナキウサギが泣いている 踏まれ餌の植物枯れる 鹿追

 鹿追町の大雪山国立公園内にある然別湖周辺や山あいの場所で、愛らしい姿で人気のエゾナキウサギを一目見ようと、今年も多くの人が訪れている。ただ人気の一方で、訪問者の増加とともに、ナキウサギの餌になる...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク