全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

八重山 カエル2種が新種と判明 独自の形成過程示す ヤエヤマヒメアマガエル ヤエヤマカジカガエル

新たに新種となったヤエヤマヒメアマガエル(左)とヤエヤマカジカガエル(富永篤准教授提供)

 京都大学の松井正文名誉教授と琉球大学の富永篤准教授の共同研究により、これまでヒメアマガエルとリュウキュウカジカガエルとされてきたカエルの八重山に生息する個体群がそれぞれヤエヤマヒメアマガエルとヤエヤマカジカガエルの新種であることが明らかになった。日本爬虫両棲類学会が発行する「Current Herpetology」に8月25日付で掲載された。2種が新種となったことで八重山と奄美大島から沖縄本島にかけての中琉球との間で共通する種はいなくなった。

 ヤエヤマヒメアマガエルはヒメアマガエルに比べ体が大きく、後肢がやや短い。腹面の斑点の模様が喉から腹部まで広がるなどの特徴がある。

 ヤエヤマカジカガエルはリュウキュウカジカガエルに比べ頭部が相対的に小さく、下顎の縁の黒い斑点が多いことなどで見分けられる。

 両種は、与那国島を除く石垣島や西表島、波照間島などに生息。今回の発見で日本で見られるカエルは50種となった。

 ヤエヤマヒメアマガエルは低地から山地にかけての森林、草原などに生息し主にアリを獲物とする。日本一小さなカエルだがその鳴き声は大きい。オタマジャクシの体はやや扁平(へんぺい)で、目は左右両端にあり、胴体は透明で内臓が透けて見える。

 ヤエヤマカジカガエルは低地から山地までの草原、森林、河川のほかに排水溝などさまざまな環境に生息。オスよりもメスの方が大きく、体色は褐色や黄色などで美しい声で鳴く。

 富永准教授は「八重山は中琉球とは違う種の形成過程があるということだ。八重山の独自性があらためて示された」と話した。

関連記事

秋の味覚 車中から 大正メークインまつり代替販売 帯広

 大正メークインのドライブスルー即売会「帯広大正メークイン収穫感謝市」(JA帯広大正主催)が22日、同JA農産センター(帯広市大正本町東1)で開かれた。多くの地元客らが、十勝を代表する秋の特産...

幸運呼ぶダブルレインボー♪ ティンダバナから大きく弧描く

 【与那国】与那国祖納で21日早朝、ティンダバナからくっきりと弧を描く虹が確認された。ティンダバナの部分は、幸運を呼び込むとされるダブルレインボーだった。  祖納地区の南西部にびょうぶのようにそ...

長野日報社

「視覚障がい者マーク」優しく見守って

プレス金型加工のキャムソン(諏訪市中洲)を経営する酒井克己さん(79)が、視覚障がい者であることを周囲に知らせるマークを開発し、バッジも製作した。自身も視覚障がい者である酒井さん。「マークが多...

荘内日報社

修学旅行先に 庄内・鶴岡アピール

 新型コロナウイルス感染症の影響で、東京などへ予定していた修学旅行を地方へ変更する動きが出ている。鶴岡市へも県内の内陸地方や東北各県から初めて修学旅行に訪れるケースが多く見られ、関係者は「多様な観...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク