全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

サンマ不漁 我慢の秋 卸値5割高 売れ行き3割止まり

 今年も道東沖で本格的な漁期を迎えた秋の味覚・サンマが、不漁のため食卓から遠のいている。海水温度の上昇による回遊ルートの変化などが原因とみられている。影響を受ける小売店や飲食店の中には、加工品やイワシなど別の魚の販促を強化する動きもある。

鮮魚売り場でサンマを選ぶ買い物客。今年は新型コロナウイルスの影響からパック売りとなっている

 帯広市内のダイイチ白樺店では1日、根室産生サンマを1パック(3匹入り)626円で販売。買い物に来た帯広の女性(67)は「去年は2回食べたけど、今年はまだ我慢かな」と購入をためらった。

 同社は例年より10日ほど遅い8月下旬から生サンマの販売を開始し、売れ行きは前年の3割程度にとどまる。この時期はサンマのほか、秋サケ、イカなども売れ筋だが、今年は秋サケも水揚げ量が少なく、苦戦を強いられている。同社は「影響は大きい。相場の変わらない加工品や冷凍もので売り上げを確保していきたい」(水産担当バイヤー)とする。

 帯広地方卸売市場では、例年より5日ほど遅れて生サンマの取引を始めた。入荷量は前年の半分以下といい、1匹100グラムほどと細身のものが目立つ。価格も昨年の1.3~1.5倍と上昇。小澤直樹常務取締役(水産部担当)は「海水温の上昇で魚の回遊ルートが変わっている。近年は乱獲により資源自体が減っているとされる上、漁場が変わった影響で不振が続いているのでは」と分析する。

 回転ずしチェーン「なごやか亭」を運営する三つ星レストランシステム(釧路市)の帯広支社では、提供が例年より2週間ほど遅れた。同支社は「入荷量が少なく、値段も張り、脂の乗りもまだ良くない。本来であればトップテンに入る人気のすしネタだが、クオリティーを担保するためにも、提供は見通しが立たない」とする。しばらくは「イワシや生の光り物など他の状態のいいものをアピールしていく」と話す。

 水産物卸売りのくまだ(旭川市)が運営する帯広市内の飲食店「銀シャリ亭くまだ」では、1年を通して冷凍サンマを使った定食を定番メニューとして提供している。ただ、サンマの漁獲量が少ないことから、冷凍サンマへの影響も懸念。同店は「他のメニューに切り替える可能性もある」としている。

関連記事

荘内日報社

プロと一緒に撮影 仙台の中学生が時代劇の映画づくり体験

 鶴岡市羽黒町川代のスタジオセディック庄内オープンセットに17日、仙台市立長命ケ丘中学校(長沼致弘校長)の2年生63人が校外活動で訪れ、名作の数々が生み出されたセットを使った時代劇の映画づくりを体験した...

紀伊民報社

県文化財指定を検討 安居の暗渠(あんきょ)

 和歌山県教育委員会は、白浜町の日置川沿いにある「安居の暗渠(あんきょ)」と水路について、県文化財指定を検討すると明らかにした。貴重な存在と評価し、保存や活用の方法も併せて考える。  17日の...

ガチャ440種 道東最大級 イオン帯広にオープン

 トーシン(帯広市、宮本達也社長)は18日、イオン帯広店(帯広市西4南20)2階に、カプセル入り玩具「ガチャガチャ」が400種類以上並ぶショップ「#C-pla(シープラ)」をオープンさせた。同...

宇部日報社

山陽小野田市が新型コロナ対策に取り組む飲食店を「取組宣言店舗」に認定

 山陽小野田市は、新型コロナウイルスの感染防止対策に取り組み、一定の基準を満たした飲食店を「取組宣言店舗」に認定し、ステッカーやポスターを配布するとともにホームページに掲載して、「安心して利用で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク