全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

アマビエお守りに願い込め 庄内町狩川社寺工房上野

 庄内町狩川の社寺工房上野(上野健二社長)はこのほど、新型コロナウイルス感染症の早期収束と子どもたちの健やかな成長を願い、同町立川地域の幼稚園や保育園、小学校、中学校の子どもたちにアマビエのお守りとヒノキのにおい玉をプレゼントした。

アマビエのお守りとヒノキのにおい玉

 アマビエのお守りは、東京で漫画家として活躍する上野社長の長男(33)がデザインを手掛け、神社で祈祷を受けたもの。ヒノキのにおい玉は抗菌作用があり、香りも良く癒やし効果があるという。19日にはセットで子どもたちと関係者合わせて469人分が贈られた。

アマビエを祭ったお堂(奥)と上野社長

 同社敷地内にはアマビエを祭ったお堂も建立されており、上野社長は「なんでもかんでも自粛で子どもたちが気の毒。子どもたちをコロナから守るためにアマビエ様の絵をたくさん掲げたかった。におい玉は一つ一つ手作業で大変だったが、贈りものができる喜びで作業するのはとても楽しかった」と振り返っていた。

関連記事

十勝200キロ走破に挑戦 トカプチ400の一部走行 「ブルベ」

 超長距離サイクリングイベント「ブルベ」を企画するオダックスジャパン北海道(札幌)は17日、十勝を舞台に「ブルベ十勝200」を開いた。帯広を発着点に広尾など9市町村、約200キロを走るイベント...

長野日報社

2年ぶりイルミ輝く 長野県南箕輪村の大芝高原で「フェス」開幕

 長野県南箕輪村の大芝高原で16日、秋空を彩る「第16回大芝高原イルミネーションフェスティバル」(同実行委員会主催)が始まった。昨年は新型コロナウイルス感染症の影響で中止したため、2年ぶりの開催。...

市立図書館 車両稼働を記念し 「こっかあら号」公開

 新移動図書館こっかあら号稼働記念として移動図書館展を開いている石垣市立図書館は16日、関連イベントとして同館前で「こっかあら号」を市民に特別公開した。  同企画は移動図書館の巡回コースに入って...

北羽新報社

天空の不夜城デザイン 能代駅で「駅カード」配布

 JR秋田支社は、16日から能代駅を含む3駅で「駅カード」の配布を開始した。駅情報や人気の列車の絵などを盛り込んだデザインで、今回が第5弾。改札口で受け取ることができる。配布期間は来年2月27日まで...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク