全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

守ろう 貴重な植物 ヨコスト湿原で観察会 白老

白老町のヨコスト湿原友の会(中野嘉陽会長)は29日、環境省の「重要湿地」に選定されている町内のヨコスト湿原で自然観察会を開いた。会員や一般参加の20人余りが集まり、外来種オオアワダチソウの抜き取り作業や湿原の植物を観察した。

ヨコスト湿原の海浜植物を観察する参加者

 参加者はまず、湿原の在来植物に影響をもたらす外来種オオアワダチソウの駆除に当たり、湿原の砂丘や国道36号沿いを重点に抜き取った。同会によるオオアワダチソウの抜き取り活動は3年目を迎え、中野会長は「徐々に効果が現れてきている」と話した。

 引き続き、参加者は海岸付近に分布するイソスミレやコウボウムギなど海浜植物を観察。道内でも自然海岸の消失を背景に群生地が少なくなった中、ヨコスト湿原に分布する貴重な植物と環境に関心を寄せていた。

 同町日の出町と社台にまたがるヨコスト湿原(面積33ヘクタール)は、自然海岸の背後に沼地や湿地、草原、林など多様な環境を形成。動植物も多彩で、これまでに植物463種、野鳥64種、昆虫209種が確認され、環境省などが絶滅危惧種に指定する生き物も少なくない。「北海道自然環境保全指針」の中で保全対象に位置付けられ、2016年には環境省の「日本の重要湿地」に選定された。

関連記事

幻想的氷の美術館 支笏湖氷濤まつり開幕 

2022千歳・支笏湖氷濤まつり(支笏湖まつり実行委員会主催)が29日、千歳市の支笏湖園地で開幕した。「氷の野外美術館」をコンセプトに高さ約13メートルの「ブルータワー」5基や氷の展望台など氷像約3...

帯広農業高スイーツ 全道セコマに レシピコンテスト入賞 ハスカップでムース

 帯広農業高校の食品科学科地域資源活用班(大山明夏班長)の3年生8人が作成したレシピが、「ほっかいどう農業高校×どさんこワイド オリジナルスイーツレシピコンテスト」に入賞した。商品化され、31日...

宇部日報社

ユーモラスな顔でお出迎え 山口宇部空港にふくちょうちん300個【宇部】

 山口宇部空港で、下関ふくちょうちん飾りの展示が行われている。約300個が天井、テナント店のレジ前、チェックインカウンターなど各所につるされ、来場者を出迎えている。2月28日まで。    山口宇...

長野日報社

節分祭 多幸願い福升作り 長野県岡谷市の成田山蓮華不動院

長野県岡谷市成田町の成田山蓮華不動院(宮坂宥洪住職)で28日、30日に開く節分祭に向けた福升作りが行われた。事前に福豆まきを申し込んだ厄年の男女や年男年女らの多幸を願い、宮坂住職が一つ一つ丁寧...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク