全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

鵡川高野球部の次期監督に小池氏 来春から指揮「逃げずに戦う覚悟」

むかわ町は30日、鵡川高校で会見を開き、来年度から同校野球部の次期監督として、前旭川南高監督で鵡川高でも部長の経験を持つ小池啓之氏(68)を迎え入れると発表した。現監督の鬼海将一氏(36)が来年3月限りで退任することを既に表明しており、小池氏は来年4月から指揮を執る。小池氏は「あくまで目標は甲子園出場。最後の力を振り絞り、気持ちだけは失わずにやっていく」と決意表明した。

来春から鵡川高野球部の監督に就任する小池氏(左から2人目)と鬼海現監督(右)

 小池氏は東京都出身。兵庫県の市立尼崎高、駒沢大を経て、1977年から旭川龍谷高コーチ、監督を歴任。コーチで78年、監督として83年に同校の夏の甲子園出場を果たした。98年に赴任の鵡川高で部長を務め、昨年8月に死去した佐藤茂富氏(享年79)と共に2002年春、21世紀枠でセンバツ甲子園出場に導くなど強豪校の礎を築いた。旭川南高では07年春にセンバツに出場し、17年夏に勇退した。

 鬼海氏の意向を受け、同校や町は後任について協議し、小池氏への打診を決めた。同日の会見に同席した竹中喜之町長は「2年を目安に生徒指導はもちろん、今後の指導者の育成をお願いしている」と説明。「まだ晩年という表現は当てはまらない。小池先生のネクストワンをぜひこの鵡川高校で育んでいただきたい」と期待を寄せた。

 前日、札幌市内にある佐藤氏のお墓に手を合わせ、監督打診を引き受けたことを報告した。「泥だらけの戦いが始まるが、逃げずに戦う覚悟で受けた」と思いを語り、「あずかる生徒が卒業した時に胸を張って親御さんの元へ返せるようにするため、生徒との信頼関係を築いていきたい」と意欲を示した。

 また来春、退任する鬼海監督は「秋の全道優勝、来夏の甲子園出場を目標に新チームがスタートしている。残りの期間も変わらず、僕のイズムを同じようにやっていく」と話した。

関連記事

紀伊民報社

江戸時代の錫杖? 児童が河原で見つける

 和歌山県田辺市龍神村湯ノ又の河原で地元の小学生2人が、僧侶が行脚する時に用いる仏具「錫杖(しゃくじょう)」の一部が落ちているのを見つけた。形状や傷み具合などから、江戸時代に作られたものと推測さ...

市協働・男女平等参画室 性の多様性を理解する職員に 「アライバッジ」配布

苫小牧市協働・男女平等参画室は、性的少数者への理解と支援の意志を持つ市職員に対し、支援者を意味する「ALLY(アライ)バッジ」を配布する取り組みを始めた。バッジを名札などに付けて「アライ」であるこ...

荘内日報社

常に学びの心忘れず努力(荘内看護専門学校)
入学20人看護の道目指し決意

 鶴岡市立荘内看護専門学校(鈴木聡校長)の入学式が15日、市立荘内病院講堂で行われ、第48回生の20人が看護の道を目指し、勉学に励む決意を新たにした。  1950年に創立され、3年制で看護師国家資格の...

宇部日報社

常盤公園でボタン見頃 昨年より早く 大ぶりで艶やか【宇部】

 常盤公園でボタンが見頃を迎えている。昨年より10日ほど早く開花。ぼたん苑では約100品種、250株が咲き誇り、ふくいくとした香りを漂わせている。    鮮やかなピンク色の「紅輝獅子」、純白の「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク