全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

開園祝って式典 田辺梅林2月3日から

オープニング式典であいさつする石神忠夫観梅協会長(31日、田辺市上芳養で)

 紀州田辺観梅協会(石神忠夫会長)は31日、和歌山県田辺市上芳養の「紀州石神田辺梅林」の開園を前に式典を開いた。会員や観光関係者ら約50人が出席し、今季の開園を祝った。  今季は2月3日に開園し、3月4日までの予定。協会によると開花は平年並みの2月10日ごろ、見頃は20日ごろからとみられる。  式典で石神会長は「今年で開園55回目を迎える。会員は高齢化したが、頑張っている。世界農業遺産として活用することで少しでも田辺全体の力となれるよう頑張りたい。幅広い交流を楽しみながら、これからも続けていきたい」とあいさつした。  田辺梅林は世界農業遺産「みなべ・田辺の梅システム」に認定された梅の栽培地で、すり鉢状に梅畑が広がり、太平洋を眺める展望台もある。開園期間中の毎週日曜と祝日に梅ジュース作り体験や餅まき、ゆるキャラまつり、神島高校の出店、2月21日にはこんにゃく作り体験がある。入園、駐車場ともに無料。問い合わせは紀州田辺観梅協会(0739・26・9931)へ。

関連記事

奥三河の道の駅めぐる「キャノンボール」

道交法守り設定時間に近づけるバイクイベント  新城市と北設楽郡3町村、豊田市内の奥三河にある7つの道の駅を回るバイクのツーリングイベント「オン・タイム・キャノンボール」が21日、新城市八束穂の道の...

紀伊民報社

紀南の景色や食満喫 サロンカーの旅に80人

 JR紀勢線の和歌山駅―新宮駅間で13、14日、サロンカー「なにわ」で行く「紀伊半島途中下車の旅と本州最南端への旅」があった。京阪神を中心に約80人が乗車し、各駅でご当地キャラクターや平安衣装での...

長野日報社

多彩なガレット味わう 伊那でマルシェ

 信州伊那谷ガレット協議会は14日、「ガレットマルシェ2018」を伊那市の県伊那文化会館・さわやか広場で開いた。地元産のそば粉と食材を使った多彩な「伊那谷ガレット」が集合。家族やカップルらが買...

蒲郡の女将たち「いちじくのコンフィチュール」開発

 がまごおり温泉郷の宿泊施設女将(おかみ)たちでつくる「こはぜの会」(渡邉栄子会長)は、蒲郡市内で栽培されたイチジクを使ったジャム「いちじくのコンフィチュール」を開発した。「味わって美容と健康に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク