全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

開園祝って式典 田辺梅林2月3日から

オープニング式典であいさつする石神忠夫観梅協会長(31日、田辺市上芳養で)

 紀州田辺観梅協会(石神忠夫会長)は31日、和歌山県田辺市上芳養の「紀州石神田辺梅林」の開園を前に式典を開いた。会員や観光関係者ら約50人が出席し、今季の開園を祝った。  今季は2月3日に開園し、3月4日までの予定。協会によると開花は平年並みの2月10日ごろ、見頃は20日ごろからとみられる。  式典で石神会長は「今年で開園55回目を迎える。会員は高齢化したが、頑張っている。世界農業遺産として活用することで少しでも田辺全体の力となれるよう頑張りたい。幅広い交流を楽しみながら、これからも続けていきたい」とあいさつした。  田辺梅林は世界農業遺産「みなべ・田辺の梅システム」に認定された梅の栽培地で、すり鉢状に梅畑が広がり、太平洋を眺める展望台もある。開園期間中の毎週日曜と祝日に梅ジュース作り体験や餅まき、ゆるキャラまつり、神島高校の出店、2月21日にはこんにゃく作り体験がある。入園、駐車場ともに無料。問い合わせは紀州田辺観梅協会(0739・26・9931)へ。

関連記事

宇部日報社

りんご園でブルーベリー狩り

 山口市阿東徳佐下の友清りんご園(友清光博代表)で16日、ブルーベリー狩りが始まった。摘みたてのフレッシュな味を求めて、県内外から多くの来園者が訪れている。7月20日ごろまで楽しめる。2003年...

長野日報社

70回目に良い思い出を 辰野ほたる祭り開幕

 伊那谷に夏到来を告げる、辰野町の「第70回信州辰野ほたる祭り」(実行委員会主催)が16日、9日間の日程で開幕した。国内有数の蛍の名所・松尾峡(ほたる童謡公園)でゲンジボタルが舞い、JR辰野駅...

長野日報社

2カ月遅れで運行始まる 南アルプス林道バス

 伊那市長谷の戸台口と南アルプス北沢峠を結ぶ市営南アルプス林道バスが12日、林道崩落のため約2カ月遅れで今季の運行を開始した。関係者が同市長谷の仙流荘横にある林道バス営業所で安全祈願祭を行い、...

紀伊民報社

生マグロ販売拠点に 勝浦漁港「にぎわい市場」完成

 日本有数の生マグロの水揚げ量を誇る和歌山県那智勝浦町は8日、生マグロなどの販売拠点として整備を進めていた「勝浦漁港にぎわい市場」が完成し、23日にオープンすると発表した。新鮮な生マグロや料理を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク