全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

サケ漁 初日6トン 前年割れ 大樹漁港

 十勝沿岸漁業の主力の秋サケ定置網漁が解禁され、大樹漁港で31日朝、管内の先陣を切って初水揚げされた。今季は2017年に次ぐ低水準の来遊数が予想されており、大樹の初日の漁獲量は昨年を下回る6トン台と静かな滑り出しとなった。9月1日以降、広尾、大津でも漁が本格化する予定で、関係者は今後の巻き返しを期待している。漁期は11月20日まで。

初水揚げされた秋サケ。初日の漁獲量は昨年を下回った(大樹漁港)

定置網解禁 価格4割高
 例年同様、大津、広尾、大樹の管内3漁協で計23カ統に定置網を設置する。大樹と大津は漁が解禁された30日朝に陸(おか)網を仕掛け、大津は9月1日に水揚げする。天候不順のため、広尾は31日午前現在、網入れを行っていない。

 5カ統の大樹漁協(神山久典組合長)はこの日、漁船5隻が雨が降る中、午前5時ごろに出港。網を上げて同6時すぎに帰港し、ぴちぴちと跳ねる銀色の魚体が次々と市場へ運び込まれた。

 初日の漁獲量は約6.6トンで昨年の7.1トンを下回った。1キロ当たりの価格は雌980~1000円、雄415~500円で昨年より3~4割ほど高値だった。

 十勝沿岸の秋サケ漁は17年から不漁が続いている。昨年の漁獲量は大津が前年比27%増となったが、総体的に低調で推移し、広尾、大樹では町が漁業者の支援に乗り出す事態となった。十勝を含む「えりも以東西部」の今季の秋サケ来遊予測は84万5000匹で、17年(54万9000匹)に次ぐ水準となっている。

 大樹漁協の伊藤浩二専務理事は「事前の来遊予測通り、初日の量は少なく、型も小さめだった。これから水温が下がり、昨年より大漁になることを期待したい」と話していた。

関連記事

幻想的氷の美術館 支笏湖氷濤まつり開幕 

2022千歳・支笏湖氷濤まつり(支笏湖まつり実行委員会主催)が29日、千歳市の支笏湖園地で開幕した。「氷の野外美術館」をコンセプトに高さ約13メートルの「ブルータワー」5基や氷の展望台など氷像約3...

帯広農業高スイーツ 全道セコマに レシピコンテスト入賞 ハスカップでムース

 帯広農業高校の食品科学科地域資源活用班(大山明夏班長)の3年生8人が作成したレシピが、「ほっかいどう農業高校×どさんこワイド オリジナルスイーツレシピコンテスト」に入賞した。商品化され、31日...

宇部日報社

ユーモラスな顔でお出迎え 山口宇部空港にふくちょうちん300個【宇部】

 山口宇部空港で、下関ふくちょうちん飾りの展示が行われている。約300個が天井、テナント店のレジ前、チェックインカウンターなど各所につるされ、来場者を出迎えている。2月28日まで。    山口宇...

長野日報社

節分祭 多幸願い福升作り 長野県岡谷市の成田山蓮華不動院

長野県岡谷市成田町の成田山蓮華不動院(宮坂宥洪住職)で28日、30日に開く節分祭に向けた福升作りが行われた。事前に福豆まきを申し込んだ厄年の男女や年男年女らの多幸を願い、宮坂住職が一つ一つ丁寧...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク