全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

石垣市長杯将棋大会 ことし初の大会楽しむ 老若男女43人が出場

真剣な表情で次の一手を考える参加者ら=30日午後、大濱信泉記念館多目的ホール

A級からD級の優勝者(日本将棋連盟八重山支部提供)

 日本将棋連盟八重山支部(井手悌二支部長)は30日、第3回石垣市長杯将棋大会を大濱信泉記念館2階多目的ホールで開き、6才~75才までの男女計43人が久しぶりの対局を楽しんだ。八重山地方での将棋大会は今年初めて。

 開催に当たり、井手支部長は「コロナの影響で例年小中学校へ配るイベント告知パンフレットの配布を自粛した。参加者が集まるか不安だったが、例年並みの出場者がいてよかった」と安堵(あんど)しつつ、「感染予防に気を付けながら、対局を楽しんでもらえたら」と話した。

 同大会では、S級からD級までレベル別に5クラスに分けて対局。それぞれのクラスの上位3人に、石垣市からの賞状に加え石垣産和牛焼き肉セット引換券、石垣島産新米星の美しゃ5㌔、紅芋タルト(12個入)などの賞品が贈られた。

 Bクラスに出場した40代男性は「以前は月に1回程度将棋仲間で集まり対局の機会があったが、しばらく中止になっている。久々に人と対局できてとてもうれしい」と喜んだ。

 昨年Bクラスで優勝した喜納正直くん(11)はAクラスに挑戦。「大人ばかりでときどき戸惑う場面もあったけど、勝ててよかった」と優勝を喜んだ。コロナの影響で将棋大会が次々と中止になった期間について「毎日、オンラインで対局したり、自分でさして研究したりしていた」と話した。

 大会結果は次の通り。S級は4勝1敗で3人が並んだため、後日、優勝決定戦を行う予定。
 ▽S級=①當銘洋介、伊舎堂義、石垣長武
 ▽A級=①喜納正直②大田義信③飯島敏久
 ▽B級=①上原仁②玉里大育③池原優
 ▽C級=①宮﨑祐輔②野國昌樹③松村陽向
 ▽D級=①コウ理陽②渡久山朔真③蓋盛惺友

関連記事

紀伊民報社

大雨で民家や道路に被害 田辺市本宮町

 和歌山県田辺市本宮町で13~14日に降った大雨は、民家や道路に被害をもたらした。大雨の爪痕が残る現場を17日に訪ねた。  「本当にすごい雨だった」。本宮町本宮の男性(80)は振り返る。14日...

荘内日報社

全中サッカー開幕 庄内8会場で32チーム熱戦

 「第53回全国中学校サッカー大会」が18日、庄内8会場で始まった。全中サッカーが庄内で開催されるのは1988年以来、34年ぶり。鶴岡市の小真木原陸上競技場では1回戦で前年度優勝の神村学園中等部(鹿児島)が登...

海産物ロードをパレード 白老町虎杖浜越後踊り保存会  白老

白老町虎杖浜で17日、送り盆の伝統行事「虎杖浜越後盆踊り」が行われ、白老町虎杖浜越後踊り保存会(南昌宏会長)による踊りのパレードや灯籠流し、打ち上げ花火で先祖の霊を送った。パレードでは保存会の会員...

バイオガスからLPガス 鹿追町と古河電工 製造試験

 鹿追町と古河電工(東京、小林敬一社長)は18日、地域資源を最大限利活用した脱炭素・循環型社会の実現に向けた包括連携協定を締結した。同町中鹿追で家畜ふん尿由来のバイオガスからLPガスを合成し、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク