全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

VC長野選手がバレー指導 岡谷で小中生教室

VC長野トライデンツの選手から指導を受ける児童

 岡谷市バレーボール協会や市教育委員会などでつくる「岡谷市バレーボールのまちづくり実行委員会」は29日、ジュニア育成事業としてVリーグの選手を講師に招いた小中学生バレーボール教室を市民総合体育館で開いた。市内のチームや部活動に所属する児童生徒約90人が受講。一線で活躍する選手や監督からレシーブやトスなどの指導を受け、技術の向上を図った。

 教室は日本バレーボールリーグ機構が推進する社会貢献・普及活動の一環として実施。今年度、同体育館でホームゲームを行うVC長野トライデンツ(V1男子、南箕輪村)から、PRも兼ねた教室開催の打診があり、V1リーグで活躍する現役選手を招いた初の教室が実現した。

 教室は午前中に小学生、午後は中学生を対象に実施。VC長野トライデンツからはアーマツ・マサジェディ監督をはじめ選手やスタッフら20人が参加し、子どもたちの実力に応じた指導を行った。

 このうち小学生の教室には市内で活動する3チームから児童39人(男子15、女子24)が参加し、初級、中級、上級のグループに分かれて受講。ボールを受ける際の動きや姿勢を繰り返し練習し、レシーブやトスの精度を高めた。選手による強烈なスパイクの実演もあり、子どもたちはその迫力に圧倒されていた。

 「チーム岡谷N.V Radiance」に所属する長地小学校6年生はトップ選手のプレーを間近で体感し、「スパイクがすごく強い」とびっくり。練習を通じて「ステップを細かくし、きれいにレシーブできるようになった」と手応えを感じていた。

関連記事

幻想的氷の美術館 支笏湖氷濤まつり開幕 

2022千歳・支笏湖氷濤まつり(支笏湖まつり実行委員会主催)が29日、千歳市の支笏湖園地で開幕した。「氷の野外美術館」をコンセプトに高さ約13メートルの「ブルータワー」5基や氷の展望台など氷像約3...

帯広農業高スイーツ 全道セコマに レシピコンテスト入賞 ハスカップでムース

 帯広農業高校の食品科学科地域資源活用班(大山明夏班長)の3年生8人が作成したレシピが、「ほっかいどう農業高校×どさんこワイド オリジナルスイーツレシピコンテスト」に入賞した。商品化され、31日...

宇部日報社

ユーモラスな顔でお出迎え 山口宇部空港にふくちょうちん300個【宇部】

 山口宇部空港で、下関ふくちょうちん飾りの展示が行われている。約300個が天井、テナント店のレジ前、チェックインカウンターなど各所につるされ、来場者を出迎えている。2月28日まで。    山口宇...

長野日報社

節分祭 多幸願い福升作り 長野県岡谷市の成田山蓮華不動院

長野県岡谷市成田町の成田山蓮華不動院(宮坂宥洪住職)で28日、30日に開く節分祭に向けた福升作りが行われた。事前に福豆まきを申し込んだ厄年の男女や年男年女らの多幸を願い、宮坂住職が一つ一つ丁寧...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク