全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

宇部市こども元気体操の巡回指導始まる

チョーコクンと楽しく体操する年長児たち(宇部さゆり幼稚園で)

 山口県宇部市スポーツコミッションが制作した「市こども元気体操」の初めての巡回指導講座が30日、宇部さゆり幼稚園(丸田幸正園長)で行われた。振り付けを担当した山崎鈴佳さん(スズカダンススクール主宰)が年長児20人に、リズム感を養い、体力も向上する動きを伝授。市キャラクターのチョーコクンも訪れ、子どもたちは楽しみながら、伸び伸びと全身を動かした。

 同体操の曲名は「シャキッ!とGO!GO!チャッ!チャッ!チャッ!」。子どもたちに、体を動かすことの楽しさを知ってもらい、基礎的な運動能力を養ってほしいと、今年度事業で制作した。振り付けを山崎さん、作詞・作曲を音楽家ののぎこうせいさん(山口市)が担当。11月5日の宇部まつりで初披露された。巡回指導は、体操の普及のため、無料で実施。対象は幼・保育園、小学校、学童保育などで、3月末までに10カ所での実施を予定し、7カ所での開催が決まっている。

 準備体操などでの活用を目的にしており、誰でもすぐに覚えられる簡単な動きが中心。子どもたちは山崎さんを手本に、見よう見まねで背中や膝、腕などを伸縮させたり、横歩きや手拍子などをしたりし、4分間の軽快なリズムに合わせて体操。後半はチョーコクンも指導に加わり、子どもたちは笑顔いっぱいに体の動きを覚えていた。山崎さんは「子どもたちがすごく楽しそうな表情だったので、うれしかった。ぜひ準備体操に使ってほしい」と話した。

関連記事

紀伊民報社

「子ども食堂に協力を」  持続的運営へ支援団体を新設

 子どもの居場所や多世代交流の拠点となる「子ども食堂」を支援しようと、任意団体「県こども食堂応援ネットワーク」(事務局=和歌山県社会福祉協議会)が設立された。子ども食堂を持続的に運営していけるよ...

「ほべつメロン」最高値15万円 市公設地方卸売市場で初競り

むかわ町穂別地区の特産品で地域ブランド「ほべつメロン」の初競りが13日、苫小牧市公設地方卸売市場で行われた。卸売取引の最高値は、最上級品質「秀」の5玉が前年同額の15万円。この日から苫小牧市内のス...

素材にこだわり カフェ開店 高校生の自習場所にも 池田に複合店舗

 池田町大通6で学習塾や書店、駄菓子店などを経営する「さくらネットワークス合同会社」(片山喜博代表)は、店舗内でカフェ「SORA(そら)」の営業を始めた。素材にこだわったクレープやおにぎり、各種ド...

荘内日報社

バランス取れた食事の大切さ アランマーレ選手ら遊佐小で食育教室

 バレーボールのトップリーグ「大同生命SVリーグ」に所属する「プレステージ・インターナショナル・アランマーレ」(アランマーレ山形)の選手たちが12日、遊佐町の遊佐小学校(梶原勝校長、児童452人)を訪問...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク