全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

宇部市こども元気体操の巡回指導始まる

チョーコクンと楽しく体操する年長児たち(宇部さゆり幼稚園で)

 山口県宇部市スポーツコミッションが制作した「市こども元気体操」の初めての巡回指導講座が30日、宇部さゆり幼稚園(丸田幸正園長)で行われた。振り付けを担当した山崎鈴佳さん(スズカダンススクール主宰)が年長児20人に、リズム感を養い、体力も向上する動きを伝授。市キャラクターのチョーコクンも訪れ、子どもたちは楽しみながら、伸び伸びと全身を動かした。

 同体操の曲名は「シャキッ!とGO!GO!チャッ!チャッ!チャッ!」。子どもたちに、体を動かすことの楽しさを知ってもらい、基礎的な運動能力を養ってほしいと、今年度事業で制作した。振り付けを山崎さん、作詞・作曲を音楽家ののぎこうせいさん(山口市)が担当。11月5日の宇部まつりで初披露された。巡回指導は、体操の普及のため、無料で実施。対象は幼・保育園、小学校、学童保育などで、3月末までに10カ所での実施を予定し、7カ所での開催が決まっている。

 準備体操などでの活用を目的にしており、誰でもすぐに覚えられる簡単な動きが中心。子どもたちは山崎さんを手本に、見よう見まねで背中や膝、腕などを伸縮させたり、横歩きや手拍子などをしたりし、4分間の軽快なリズムに合わせて体操。後半はチョーコクンも指導に加わり、子どもたちは笑顔いっぱいに体の動きを覚えていた。山崎さんは「子どもたちがすごく楽しそうな表情だったので、うれしかった。ぜひ準備体操に使ってほしい」と話した。

関連記事

長野日報社

地域の風景に溶け込み60年 登喜和冷凍食品の煙突解体へ

 伊那市市街地の西町で、ひときわ高くそびえる登喜和冷凍食品本社のコンクリート製煙突が近く、解体されることになった。60年余り前の建築で高度経済成長のシンボルともいえる存在だったが、安全面も考...

新城で大団扇を背負う「放下おどり」

 高さ3㍍の大団扇(おおうちわ)を背負い、太鼓を打ち鳴らして踊る「放下おどり」が14日、新城市大海で行われた。  踊りは室町時代中期に放下僧が伝えたとされる民俗芸能。毎年盆の時期大海地区はじめ、名...

宇部日報社

お盆に合わせて常夜灯を点灯

 盆に合わせて、江戸時代に造られた山口県山陽小野田市刈屋漁港の常夜灯が点灯された。幻想的な光を放ち、船を導く役割を担った当時の面影をしのばせている。20日まで午後8~11時に点灯する。常夜灯は1...

荘内日報社

公益大生がカフェ開設

 東北公益文科大学(酒田市、吉村昇学長)の学生有志でつくる地域おこし団体「Praxis(プラクシス)」(加藤雄大代表)は来月上旬、同市日向地区の空き部屋を活用してカフェサロン「AL COFFEE」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク