全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

山陽小野田市の現代ガラス展、入賞者決まる

大賞に選ばれた作品

 山陽小野田市は28日、第8回現代ガラス展in山陽小野田(同実行委員会、市主催)の審査結果を発表した。大賞は佐藤静恵さん(37)=石川県金沢市=が制作した「Weaving Glass-interface-vol.3(ウィービンググラス インターフェース ボリューム3)」に決まった。前回展までの上位賞は8点だったが、今展は5企業による冠賞が設けられ、13点が入った。    現代ガラス展は、2001年から3年に1度のトリエンナーレ方式で開催。全国規模のコンペティションで、若手ガラス作家の登竜門となっている。今展は、同方式では来年開催だが、当初の東京オリンピック・パラリンピックに合わせる形で今年になった。新型コロナウイルス対策として展覧会は中止し、2次審査前の作品を短期間で一般公開するなど、規模を縮小して実施した。    応募作品は82点で、5人の審査員が選考に当たった。感染対策のため、全応募作を並べた現物審査は行わず、作品の画像や動画などを活用して、各地から選考メンバーを集めることなく受賞作を決めた。    大賞に選ばれた佐藤さんは金沢卯辰山工芸工房の作家として活動。受賞作は、ガラスのメッシュを界面に落とし出した時、自重でゆがみ、引き伸ばされて形成された三次元的フォルムをしている。一目一目の線を生み出す行為を、繰り返す日常と重ね合わせて表現した。「受賞を糧に、素材表現の追求に精進していきたい」としている。    地元関係では、きららガラス未来館の作家2人が上位賞に入り、松尾具美さん(34)の「ひと雫」がホンムラ審査員賞、川田絢子さん(30)の「emotion」が山口銀行賞に選ばれた。    横山尚人審査員長は「手の込んだ大作が目立った。これらが並んだら、さぞ迫力があるだろうと思った」と講評。異例となった審査方法については「一堂に会して作品を見てディスカッションすることはできなかったが、写真画像は作品を大つかみに捉えるから、本質が見えてくるという良い面もあった」とした。    市は今展の図録を、10月下旬の完成を目指して製作している。    受賞作品と作家は次の通り。(敬称略)    ▽大賞「Weaving Glass-interface-vol.3」佐藤静恵▽優秀賞「出会い」柚木﨑美優(24)=大阪府▽市長賞「Fascination with Magnification Ⅶ」勝川夏樹(29)=大阪府▽横山審査員賞「枠」村瀬あずさ(21)=大阪府▽隈審査員賞「flow」石見麻衣子(39)=北海道▽ホンムラ審査員賞「ひと雫」松尾具美▽土屋審査員賞「R│XⅢ」大木春菜(26)=秋田県▽三輪審査員賞「唖」宮木志江奈(24)=大阪府▽(医)健仁会賞「変貌」西野瑠華(25)=富山県▽太平洋セメント賞「水流」田原茉奈(24)=大阪府▽長州産業賞「波残(なごり)」鹿田洋介(34)=東京都▽THK山口工場賞「Layered」井本真紀(42)=大阪府▽山口銀行賞「emotion」川田絢子

関連記事

荘内日報社

砂浜にマイクロプラスチック その種類の多さに驚き 鶴工高環境化学科 3年生4..

 鶴岡工業高校(平山豊校長)の生徒が、庄内浜でマイクロプラスチックの研究に取り組んでいる。環境化学科3年の生徒4人が湯野浜海岸の砂を調べたところ風呂用品に使われる「ポリプロピレン」など5種類のマイクロ...

紀伊民報社

春の味覚「菜花」 日置川、すさみで収穫

 和歌山県白浜町の日置川地域やすさみ町で、食用菜の花「菜花(なばな)」が収穫されている。やわらかいつぼみや茎、葉を食べる旬の味覚。2月末ごろまで続く。  JA紀南によると、農家15戸が計約2ヘク...

三星 よいとまけに新商品、「りんご味」が登場

苫小牧市糸井のパン菓子製造三星(三浦実社長)は21日、お菓子「よいとまけ りんご」を新発売した。半世紀以上の歴史を誇るハスカップ菓子「よいとまけ」に、約6年半ぶりに新しい味が加わった。同社は「甘味...

排雪 学校敷地を活用 通学路の安全確保へ 帯広市

 帯広市は21日、市内小中学校の周辺路線の除排雪作業について、学校敷地内に排雪し作業を効率化する取り組みを始めた。通学路の安全確保に向けた新たな試みで、今後も各学校の周辺路線へと除雪範囲を広げてい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク