全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

マリモ保護へ水草除去【阿寒湖】

刈り取った水草を力いっぱい引き上げる児童たち

 国の特別天然記念物マリモの保護を目的とした釧路市阿寒湖での水草の除伐作業が29日から始まる。今年度は刈り取った水草をエゾシカの餌として活用するための調査プロジェクトが計画されており、27日にはこのプロジェクトに関わっている市立阿寒湖小の児童が、マリモ群生地のチュウルイ湾で刈り取り作業を体験するとともに、マリモの育成環境保全について知識を深めた。

 阿寒湖では、下水道の整備などによる水質の改善で水草の繁茂が顕著となり、球状マリモが減少するなど育成環境への悪影響が問題視されている。官民でつくる阿寒湖のマリモ保全推進委員会と市教委では2015年度以降、一部の年を除いて水草の除伐に取り組み、年間1㌧以上を刈り取るなど、マリモと水草が共存できるシステムの確立を模索している。

 刈り取り後の水草は自然に返すままにしていたが、家畜の飼料などに使用されていた例もあり、「エゾシカの餌として活用できないか」という案が浮上。同プロジェクトでは、エゾシカの樹皮剥ぎ取り被害対策に取り組んでいる前田一歩園財団が、冬季間に給餌していた「ビートパルプ(ビートの絞り滓)」の代替餌として活用が可能か調査する。

 この日の作業には、同校の3年生10人、4年生9人が参加。4年生が3班に分かれてボートに乗り込み、岸から約200㍍離れた群生地で除伐作業に挑戦した。先端が二股になっている約5㍍の長竿を駆使し、水草をねじ切って力一杯ボート上に引き上げた後、3年生が湖岸に並べて乾燥させた。

 この日はマツモやセンニンモなど合計107・7㌔の水草を除去。4年の石川力渡君(10)は「こんなにたくさん水草が生えていてびっくりしたし、思っていたよりもすごく重かった。ちゃんとシカの餌になってほしい」と話していた。

 市教委マリモ研究室の尾山洋一主任は「マリモを守る取り組みが、森を守ることにもつながっていくプロジェクト。これを機に、自然保護に対する機運をさらに高めていきたい」と意欲を示している。  今後は29日~9月3日までの間、1㌧以上の水草刈り取りを実施。乾燥させた水草は秋ごろに回収し、冬には同財団が管理する給仕場の1カ所に干した水草とセンサーカメラを取り付け、エゾシカが食べるかどうかを確認する。

関連記事

荘内日報社

「いじめのない学校づくり」発信!! 三川・東郷小運営委員会 オリジナル演劇..

 三川町の東郷小学校(海藤陽子校長、児童122人)の児童が、いじめ問題に取り組んでいる。6年生の運営委員が中心となり、オリジナルの「いじめ演劇」を作って全校児童を前に発表。劇を見た感想を求めるなどして...

紀伊民報社

駐日トルコ大使が初来県 就任後初の公式訪問

 トルコのコルクット・ギュンゲン駐日大使(53)が20日、就任後初の公式訪問で来県した。県立博物館(和歌山県和歌山市)で、約130年前に串本町の樫野崎沖で沈没したトルコ軍艦エルトゥールル号によっ...

池田のお店動画 注目道内一 裏メニュー紹介や店内突撃

 池田町商工会(平井昌行会長)が動画共有サイトYouTube(ユーチューブ)https://wwwyoutubecom/channel/UCTcTkRYf6sKkLzeuAqUVcuwの公式チャンネルを活用し、町内事業者を紹介する動画を配信している。...

宇部日報社

大寒に合わせ山陽小野田市の妙徳寺で寒行

 一年で最も寒さが厳しいとされる二十四節気の一つ「大寒」の20日に合わせて、山陽小野田市野中にある妙徳寺(荒川英良住職)で寒行と祈願回りが始まった。29日までの毎晩、檀家(だんか)の人たちが市内...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク