全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

46期生OB 八重高野球部に記念盾など贈呈 後輩の快挙たたえる

 八重山高校野球部46期生OB(小浜啓由代表)は27日午後、県高校野球夏季大会で優勝を飾った同校野球部にオリジナルイラストの記念盾とキーホルダー、練習用ボール2ダースを贈り、後輩の快挙をたたえた。

 本島で「アトリエマエツ」として活動するイラストレーターの前津智宏さん(45)が描いた八重高ナインをたたえる絵がSNS(ソーシャルネットワークサービス)上で反響を呼んだことがきっかけ。優勝を決め歓喜の輪を作るナインと、両手と大きな翼を広げて喜ぶ砂川羅杏投手が描かれている。絵について前津さんは「優勝の余韻が続いていたので何か形にしたいと思い、一気に描きあげた。優勝して砂川投手が両手を広げたシーンがカンムリワシの翼に見えたのでそれをイメージした」と語った。

 同期のメンバーと相談し、絵が印刷された記念盾と前津さんの知人から提供があったキーホルダーを3年生と監督に贈呈することを決めた。新チームには練習用のボールを贈った。

 小浜代表は「皆さんのハツラツとしたプレーをとても頼もしく誇らしく感じた。どんな困難があっても乗り越えていってほしい」と激励した。

 3年生を代表して宮良忠利君が「優勝して改めていろんな人に支えてもらっていると感じた。この2年半の経験を今後の人生につなげていけるように頑張りたい」と感謝した。

 兼島兼哲監督は「サポートと応援に感謝している。子どもたちもこれから立派な人材になり地域の子たちをサポートすると思う。これからも温かい目で見守ってほしい」と語った。

関連記事

荘内日報社

砂浜にマイクロプラスチック その種類の多さに驚き 鶴工高環境化学科 3年生4..

 鶴岡工業高校(平山豊校長)の生徒が、庄内浜でマイクロプラスチックの研究に取り組んでいる。環境化学科3年の生徒4人が湯野浜海岸の砂を調べたところ風呂用品に使われる「ポリプロピレン」など5種類のマイクロ...

紀伊民報社

春の味覚「菜花」 日置川、すさみで収穫

 和歌山県白浜町の日置川地域やすさみ町で、食用菜の花「菜花(なばな)」が収穫されている。やわらかいつぼみや茎、葉を食べる旬の味覚。2月末ごろまで続く。  JA紀南によると、農家15戸が計約2ヘク...

三星 よいとまけに新商品、「りんご味」が登場

苫小牧市糸井のパン菓子製造三星(三浦実社長)は21日、お菓子「よいとまけ りんご」を新発売した。半世紀以上の歴史を誇るハスカップ菓子「よいとまけ」に、約6年半ぶりに新しい味が加わった。同社は「甘味...

排雪 学校敷地を活用 通学路の安全確保へ 帯広市

 帯広市は21日、市内小中学校の周辺路線の除排雪作業について、学校敷地内に排雪し作業を効率化する取り組みを始めた。通学路の安全確保に向けた新たな試みで、今後も各学校の周辺路線へと除雪範囲を広げてい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク