全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

4月からスタンプラリー 帯広・幸福駅と台湾合興駅

タオルやマグカップなどでスタンプラリーをPRする事務局員

 十勝日台親善協会(曽我彰夫会長)は、友好駅の締結をした帯広の「幸福駅」と台湾北西部の「合興(ごうこう)駅」の両所を訪問すると記念品をプレゼントするスタンプラリー事業を4月にスタートさせる。両駅の知名度を高め、観光振興につなげることを目的に、台湾の現地機関と連携して初めて計画した。

 同協会は、両駅の紹介や周辺地域の観光などをまとめた折り畳み式パンフレットを4000冊作製した。スタンプの台紙も兼ねており、両駅に用意されたスタンプをそろえると、ハート形になる。

 帯広側では両駅のPRタオル(台湾製)と、まちづくり元気おびひろ(帯広)の「OBIHIRO」のロゴ入りマグカップを、台湾側は木製のオリジナル鉛筆削りと交換できる。パンフ作製では「とかち観光誘致空港利用推進協議会」が資金協力した。

 3月中に両駅やその周辺施設などにパンフレットを配置する。帯広の商品交換場所は、とかち観光情報センター(JR帯広駅エスタ東館内)。事務局の帯広商工会議所は「両駅をもっと多くの人に知ってもらうきっかけになれば」としている。

 問い合わせは帯商(0155・25・7121)へ。

 合興駅は現地で「愛情駅」とも呼ばれる。両駅が恋愛に縁があることから、十勝日台親善協会が台湾に出向き、2016年10月に現地経済界の新竹県工業会と友好駅の締結を行った。同協会はこれまで台湾側の現地イベントに参加したり、帯広市内で開かれた昨年のとかちマルシェで台湾スイーツ(かき氷)を販売するなど、台湾のPRにも努めてきた。

関連記事

画面越し十勝ツアー 自粛で減収 補てん策 産品送り気分演出

 新型コロナウイルスの影響が長引く中、十勝管内の観光・運輸業者の一部に、オンライン上で観光や農作業を楽しむ疑似ツアーを開催する動きが出ている。夏場から収穫の秋にかけて十勝は、本来なら観光の稼ぎ時だ...

紀伊民報社

ごまさんスカイタワーが新メニュー

 和歌山県田辺市龍神村の高野龍神スカイライン沿いにある道の駅「田辺市龍神ごまさんスカイタワー」は、ケーキやハンバーガーを独自に開発して利用客にPRしている。  展望レストランのスタッフが、新型...

豊橋のハウス栽培「次郎柿」収穫出荷

 豊橋市石巻地区で、温室栽培した次郎柿の収穫が始まった。今年も甘みたっぷりで、シャキシャキとした歯ごたえが味わえるという。  市内では露地栽培ものより早い収穫と出荷をするために、1980年か...

「狩勝電鉄」が試運転 りくべつ鉄道で 増田さん自作

 旧ふるさと銀河線の気動車や線路を活用した観光施設「ふるさと銀河線りくべつ鉄道」で3日、新得町の狩勝高原エコトロッコ鉄道で8日に運行を開始する手作りトロッコ電車「狩勝電鉄」の車両が試運転を行っ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク