全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊川特別支援学校で清掃作業学習会

 豊川市平尾町の県立豊川特別支援学校(藤井毅校長)で26日、清掃作業学習会が開かれた。豊橋市の清掃業、管財の水藤維人(しげと)代表取締役社長(60)ら8人が、中学部の生徒12人と高等部15人に清掃技術を伝授した。  中学部は県教委のチャレンジ体験推進事業、高等部は2016(平成28)年度に立ち上がった職業コース(総合Aコース)の取り組みで、雑巾やモップなど清掃道具の使い方を学んだ  雑巾の使い方ではテーブルを使い、拭き残しがないように最初に周りを囲むように拭いた後、横と縦のそれぞれの方向に拭く方法を指南。最近は新型コロナウイルス対策が求められることもあり、水藤社長は「ウイルスが残っているといけないので、片側に寄せて最後にまとめて拭き取って」と呼び掛けた。バケツで濡らした際、床が濡れたら拭くなどのマナーも求めた。   管財には同校卒業生が勤務しており、普段は豊橋市民病院などで清掃業務に励んでいる加藤貴啓さん(28)もこの日は講師として来校し、後輩らに教えた。一般企業への就職を目指す生徒らの職業訓練だけでなく、加藤さんのような卒業生が社会で立派に活躍する姿を見てもらおうと毎年実施しており、今年で7年目となった。

関連記事

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

長野日報社

南ア登山の安全祈願 北沢峠で3年ぶり長衛祭 長野県伊那市長谷

 南アルプスの開拓者、竹澤長衛(1889~1958年)をしのぶ「第64回長衛祭」(同実行委員会主催)の碑前祭は25日、長野県伊那市長谷と山梨県南アルプス市境の北沢峠(標高2032メートル)で、3年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク