全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

竹富島「種子取祭」 奉納芸能と儀式中止 戦時中以来か コロナ禍、苦渋の決断

島最大の祭事「種子取祭」。ことしは奉納芸能と儀式が中止になり、神事のみ行う=2018年10月25日撮影

 国指定重要無形文化財・竹富島「種子取祭(タナドゥイ)」のことしの奉納芸能と儀式が、新型コロナウイルス感染拡大防止のため20日、竹富公民館の会議で中止が決まった。ことしの種子取祭は10月8(甲申)~16日(壬辰)の9日間、神司や執行部らで神事のみ執り行う。例年、島最大の祭事期間中は、島民はもちろん県内外から郷友らが訪れ、島は祭り一色になる。

 中止決定の裏には、来月中旬に開催予定の種子取祭会議で予算などを最終決定する前に、タナドゥイの方向性を定める必要があった。タナドゥイは、約600年の伝統があるとされている。儀式や奉納芸能は、島民だけでなく石垣、沖縄本島、東京在の郷友が協力し行っているが、ことしは神司、公民館執行部だけで祈願をする方針。

 内盛館長は「舞台上での儀式、奉納芸能は全て取りやめにした。儀式を一つでもやるとなると、髪結いや化粧、地謡など多くの方の協力が必要になる。お年寄りの多い島で密集し感染リスクを高めることはできない」と苦渋の決断をした。

 公民館代表顧問の前本隆一さん(91)は「私の記憶だと昭和19(1944)年に戦争が激しくなり余興をせず神事だけ行った。夜に明かりが漏れて攻撃されないよう、昼間にユークイをした。ことしはユークイもなく神事だけになる」と話す。

 石垣竹富郷友会の砂川長紀会長は「残念だが、いろいろな祭事やイベントも中止になっているので、受け止めないといけない」と声を落とした。

 例年、島内の各村の民俗芸能保存会は、本番の約1カ月前から奉納芸能の練習を開始するが、ことしは会員同士が顔を合わす機会さえもなくなった。玻座間民俗芸能保存会の亀井保信会長は「練習を通して懇親を深め、最終的に芸能を奉納しているが、その機会が失われた」と寂しそうに話した。また、島ではタナドゥイに合わせ生まれ年の島出身者が帰省するのが恒例。亀井会長は「数十年ぶりに再会を果たす方々もいるのが、それも実現できないのでは」と声を漏らした。

関連記事

長野日報社

歴史や文化歩いて再発見 高遠町で謎解きゲーム

長野県伊那市高遠町のご城下通り一帯にある石碑や建造物を巡り、クイズに答える高遠「謎解き町歩きゲーム~時間泥棒からの挑戦状~」が11日に始まった。同市高遠商工観光課が、主に市内小学生らを対象に企...

長野日報社

「縄文」ブースの写真投稿を 長野県諏訪地方6館でスタンプラリー

 長野県諏訪地域振興局は、日本遺産「星降る中部高地の縄文世界」を構成する諏訪地方6市町村の博物館・考古館6館で、写真共有アプリ「インスタグラム」を活用したスタンプラリーキャンペーンを展開してい...

長野日報社

諏訪大社下社秋宮、幻想的 ライトアップ14日まで 長野県

 長野県諏訪大社下社秋宮で、「夏詣」の企画に合わせてライトアップが行われている。雅楽の音が流れる中、静かな夜の境内を幻想的な光が包んでいる。参拝者らはライトアップされた御柱や神楽殿などをスマー...

北羽新報社

豪華絢爛、能代七夕「天空の不夜城」3年ぶり運行

 高さ日本一の城郭灯籠が練り歩く能代七夕「天空の不夜城」は2日、能代市中心部の国道101号で3年ぶりに開幕した。高さ24・1㍍の「愛季(ちかすえ)」と、5丈8尺(約17・6㍍)の「嘉六(かろく)」が...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク