全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

坂本養川堰研究会が発足 原小4年1組の見学授業で解説

坂本養川堰研究会の関さん(右から2人目)から、養川堰が川を越える仕組みを学ぶ原小4年生

 江戸時代中期から後期にかけ、諏訪地域全体の水不足解決のため15の堰の開削を成し遂げた茅野市田沢出身の坂本養川(1736~1809年)の研究・普及に取り組む「坂本養川堰研究会」が今年発足し、本格的に活動を始めた。現在も利用されている地域資源である”養川堰”を後世に伝えていくために、解説員の育成や幅広い世代が活用できるマップ作りなどに取り組んでいく。

 同研究会は今年3月、養川堰のある諏訪市、茅野市、富士見町、原村の4市町村の公民館を主体とする任意団体として発足。諏訪市中洲公民館社会指導員で、社会科教諭として長年、養川堰の研究を行ってきた関雅一さん(65)=同市湖南=が4公民館に呼び掛け、連携が実現した。関さんは7年ほど前から小学4年生の養川堰の現地見学の授業で講師を務め、現在は4市町村の6校で実施している。

 26日には、今年度最初の見学授業を原村原小学校4年1組(33人)の児童たちに行った。原小での授業は3年目だが、今回は研究会の解説員としての”初仕事”となった。

 授業では、大河原堰のルートをバスでたどり、茅野市城の平にある滝之湯川からの取り入れ口や堰が乙女滝となって落ち、渋川を樋で越える様子などを見学。原村の八ケ岳中央農業実践大学校近くの弓振川では、坪之端堰がサイホンの原理で弓振川の下をトンネルで通す様子を右岸と左岸から見学した。小島璃弓君は「水をせき止めたり、樋で越えたり、水を調整してこんなに遠くの田んぼまで流した養川さんはすごい」と刺激を受けていた。

 関さんによると、2015年までは教科書に養川堰の記述があったが、その後は別の内容に変わってしまった。諏訪地域に分布する養川堰を統一的に説明した出版物の必要性を感じ、「教科書に代わる解説付きマップを作り、子どもたちに養川堰を伝えていきたい」と思いを話した。

関連記事

荘内日報社

砂浜にマイクロプラスチック その種類の多さに驚き 鶴工高環境化学科 3年生4..

 鶴岡工業高校(平山豊校長)の生徒が、庄内浜でマイクロプラスチックの研究に取り組んでいる。環境化学科3年の生徒4人が湯野浜海岸の砂を調べたところ風呂用品に使われる「ポリプロピレン」など5種類のマイクロ...

紀伊民報社

春の味覚「菜花」 日置川、すさみで収穫

 和歌山県白浜町の日置川地域やすさみ町で、食用菜の花「菜花(なばな)」が収穫されている。やわらかいつぼみや茎、葉を食べる旬の味覚。2月末ごろまで続く。  JA紀南によると、農家15戸が計約2ヘク...

三星 よいとまけに新商品、「りんご味」が登場

苫小牧市糸井のパン菓子製造三星(三浦実社長)は21日、お菓子「よいとまけ りんご」を新発売した。半世紀以上の歴史を誇るハスカップ菓子「よいとまけ」に、約6年半ぶりに新しい味が加わった。同社は「甘味...

排雪 学校敷地を活用 通学路の安全確保へ 帯広市

 帯広市は21日、市内小中学校の周辺路線の除排雪作業について、学校敷地内に排雪し作業を効率化する取り組みを始めた。通学路の安全確保に向けた新たな試みで、今後も各学校の周辺路線へと除雪範囲を広げてい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク