全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

壁面調査ロボットの実証実験

 建物壁面の異常をロボットで調査する実証実験が26日、豊橋市西幸町の豊橋サイエンスコアであった。市内の建設会社三信建材と豊橋技術科学大学による製品開発に向けた共同研究の一環で、実用化すれば調査の少人数化とコスト削減に期待がかかる。  壁面の異常を調査するのは従来、足場を設置したり、高所作業車やゴンドラを用いたりして、熟練職人らが壁に金具を打ち付けた際の音で点検している。機材の設営や無線を通じた情報伝達、写真撮影、報告書作成など人員と期間が必要とされる課題がある。

 ロボットはこうした課題を解決するために開発中だ。建物の屋上などからつり下げた2本のベルトを機体の左右に挟み、上下移動させて点検する。機体にはカメラと打音器を搭載させ、横方向に移動させながら壁に金具を打ち込み、音の強弱や計測した音波の波形で異常を確認する。  製品開発は第3セクターのサイエンス・クリエイトが市の補助を受けて産学官連携支援事業として、昨年度から取り組んでいる。同大の佐野滋則准教授(48)は「これまで2週間ほどかかる調査が短期間でできる。コストも10分の1になる」と話している。  実証実験は施設の2~5階部分に2本ベルトを設置。壁づたいに左右に機体を動かして壁面を点検した。風が強かったため、昇降は取りやめた。  石田敦則社長(60)は「風に影響されるという課題があった。他の課題も含めて改善し、来年度に実用化できるようにしたい」と話した。

関連記事

荘内日報社

砂浜にマイクロプラスチック その種類の多さに驚き 鶴工高環境化学科 3年生4..

 鶴岡工業高校(平山豊校長)の生徒が、庄内浜でマイクロプラスチックの研究に取り組んでいる。環境化学科3年の生徒4人が湯野浜海岸の砂を調べたところ風呂用品に使われる「ポリプロピレン」など5種類のマイクロ...

紀伊民報社

春の味覚「菜花」 日置川、すさみで収穫

 和歌山県白浜町の日置川地域やすさみ町で、食用菜の花「菜花(なばな)」が収穫されている。やわらかいつぼみや茎、葉を食べる旬の味覚。2月末ごろまで続く。  JA紀南によると、農家15戸が計約2ヘク...

三星 よいとまけに新商品、「りんご味」が登場

苫小牧市糸井のパン菓子製造三星(三浦実社長)は21日、お菓子「よいとまけ りんご」を新発売した。半世紀以上の歴史を誇るハスカップ菓子「よいとまけ」に、約6年半ぶりに新しい味が加わった。同社は「甘味...

排雪 学校敷地を活用 通学路の安全確保へ 帯広市

 帯広市は21日、市内小中学校の周辺路線の除排雪作業について、学校敷地内に排雪し作業を効率化する取り組みを始めた。通学路の安全確保に向けた新たな試みで、今後も各学校の周辺路線へと除雪範囲を広げてい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク