全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

壁面調査ロボットの実証実験

 建物壁面の異常をロボットで調査する実証実験が26日、豊橋市西幸町の豊橋サイエンスコアであった。市内の建設会社三信建材と豊橋技術科学大学による製品開発に向けた共同研究の一環で、実用化すれば調査の少人数化とコスト削減に期待がかかる。  壁面の異常を調査するのは従来、足場を設置したり、高所作業車やゴンドラを用いたりして、熟練職人らが壁に金具を打ち付けた際の音で点検している。機材の設営や無線を通じた情報伝達、写真撮影、報告書作成など人員と期間が必要とされる課題がある。

 ロボットはこうした課題を解決するために開発中だ。建物の屋上などからつり下げた2本のベルトを機体の左右に挟み、上下移動させて点検する。機体にはカメラと打音器を搭載させ、横方向に移動させながら壁に金具を打ち込み、音の強弱や計測した音波の波形で異常を確認する。  製品開発は第3セクターのサイエンス・クリエイトが市の補助を受けて産学官連携支援事業として、昨年度から取り組んでいる。同大の佐野滋則准教授(48)は「これまで2週間ほどかかる調査が短期間でできる。コストも10分の1になる」と話している。  実証実験は施設の2~5階部分に2本ベルトを設置。壁づたいに左右に機体を動かして壁面を点検した。風が強かったため、昇降は取りやめた。  石田敦則社長(60)は「風に影響されるという課題があった。他の課題も含めて改善し、来年度に実用化できるようにしたい」と話した。

関連記事

荘内日報社

プロと一緒に撮影 仙台の中学生が時代劇の映画づくり体験

 鶴岡市羽黒町川代のスタジオセディック庄内オープンセットに17日、仙台市立長命ケ丘中学校(長沼致弘校長)の2年生63人が校外活動で訪れ、名作の数々が生み出されたセットを使った時代劇の映画づくりを体験した...

紀伊民報社

県文化財指定を検討 安居の暗渠(あんきょ)

 和歌山県教育委員会は、白浜町の日置川沿いにある「安居の暗渠(あんきょ)」と水路について、県文化財指定を検討すると明らかにした。貴重な存在と評価し、保存や活用の方法も併せて考える。  17日の...

ガチャ440種 道東最大級 イオン帯広にオープン

 トーシン(帯広市、宮本達也社長)は18日、イオン帯広店(帯広市西4南20)2階に、カプセル入り玩具「ガチャガチャ」が400種類以上並ぶショップ「#C-pla(シープラ)」をオープンさせた。同...

宇部日報社

山陽小野田市が新型コロナ対策に取り組む飲食店を「取組宣言店舗」に認定

 山陽小野田市は、新型コロナウイルスの感染防止対策に取り組み、一定の基準を満たした飲食店を「取組宣言店舗」に認定し、ステッカーやポスターを配布するとともにホームページに掲載して、「安心して利用で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク