全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

小学生の銛突き名人 「いつでも魚とってこれる」 八幡亮太君(八島小5年)

 八島小学校5年生の八幡亮太君は、10歳の銛(もり)突き名人だ。週3回は多田浜海岸へ行き、ゴムの力で発射する170㌢ほどの銛で獲物を仕留める。新型コロナウイルスによる休校期間中、家庭の食卓には八幡君のとってきた魚が並んだという。

 泳ぎを覚えたのは3歳のころ。銛で自在に魚をとる父の八幡暁(さとる)さん(45)に憧れ、小学2年生で初めて銛を握り、ムラサメモンガラを仕留めた。

 新型コロナウイルス第1波が石垣島を襲った4、5月。小学校は一斉臨時休校に。家にいても退屈な上、感染予防の観点からスーパーの買い物もなるべく避けたかったことから、八幡一家は海へ。八幡君が家族で食べる分だけの魚を捕り、母の雪絵さん(41)がみそ汁や刺し身にした。

 一家のおかず調達係をこなした日々を思い出し、「食料がなくなったらいつでも魚をとってこれる」と誇らしげだ。

 銛突きのこつを尋ねると「ゆっくり泳いで近付く。おなかを刺すと肉がおいしくなくなるからおなかは刺さない」と漁師さながら。ゆっくり近づき、銛を刺した瞬間の手ごたえと爽快感がたまらないという。

 暁さんはツアーガイドをしているが、シーカヤックをこいでオーストラリアから日本にかけての海域を渡り、海に生きる人々の知恵を学ぶ「グレートシーマンプロジェクト」をライフワークとする自称「海洋人間」。わずか10歳で魚を取る息子の手腕にも「昔の石垣島の人は皆やっていたこと」とこともなげに話す。

 八幡君はいろいろな魚の味に興味津々で、最近狙っている獲物はコショウダイ。「いつかサメもとってみたい」と目を輝かせている。

関連記事

荘内日報社

砂浜にマイクロプラスチック その種類の多さに驚き 鶴工高環境化学科 3年生4..

 鶴岡工業高校(平山豊校長)の生徒が、庄内浜でマイクロプラスチックの研究に取り組んでいる。環境化学科3年の生徒4人が湯野浜海岸の砂を調べたところ風呂用品に使われる「ポリプロピレン」など5種類のマイクロ...

紀伊民報社

春の味覚「菜花」 日置川、すさみで収穫

 和歌山県白浜町の日置川地域やすさみ町で、食用菜の花「菜花(なばな)」が収穫されている。やわらかいつぼみや茎、葉を食べる旬の味覚。2月末ごろまで続く。  JA紀南によると、農家15戸が計約2ヘク...

三星 よいとまけに新商品、「りんご味」が登場

苫小牧市糸井のパン菓子製造三星(三浦実社長)は21日、お菓子「よいとまけ りんご」を新発売した。半世紀以上の歴史を誇るハスカップ菓子「よいとまけ」に、約6年半ぶりに新しい味が加わった。同社は「甘味...

排雪 学校敷地を活用 通学路の安全確保へ 帯広市

 帯広市は21日、市内小中学校の周辺路線の除排雪作業について、学校敷地内に排雪し作業を効率化する取り組みを始めた。通学路の安全確保に向けた新たな試みで、今後も各学校の周辺路線へと除雪範囲を広げてい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク