全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

400年の伝統「焼畑あつみかぶ」高齢化による生産者不足懸念 新たな試みサポート事業展開

 400年の伝統があるという鶴岡市温海地域のブランド赤カブ「焼畑あつみかぶ」。高齢化で生産者不足が懸念される中、市や生産者らでつくる「焼畑あつみかぶブランド力向上対策協議会」は本年度、新たな試みとして希望する地域内の住民グループに生産から加工まで一貫して指導する「栽培チャレンジサポート事業」を始めた。その焼き畑作業が24日、同市湯温海の山林で行われ、あつみ温泉の旅館の若手社員らが焼き畑と種まきに挑戦した。

 同協議会は2012年7月、山形大農学部の江頭宏昌教授をアドバイザーに、市や生産者、JA、産直関係者らで結成した。類似品が増えてきたことから、1温海地域内で栽培2原産地・一霞地区の種子を使用3焼き畑で栽培―など栽培基準をつくって品質向上や他との差別化を図っている。

 忠鉢孝喜会長(66)=温海川=によると、生産者は約100人で、年間生産量は120トン程度。しかし、平均年齢が70歳超と高齢化が進んでいる。栽培チャレンジサポート事業は希望する住民グループに無償でほ場の整備から焼き畑、収穫、加工までを指導。副収入や新たな生きがいづくりによって生産者の裾野拡大につなげる狙い。初年度の今年は山五十川の青年グループと、あつみ温泉の旅館「萬国屋」の従業員による「赤かぶ部」の2グループが名乗りを上げた。

 この日は、萬国屋赤かぶ部の篤(とく)由貴絵さん(44)ら7人が忠鉢会長の指導で、湯温海の山林の沢伝いのほ場約5アールで焼き畑に挑戦した。お盆前に雑木を払い、乾燥させていたという。

 忠鉢さんが斜面の上端からガスバーナーで火を入れると、枯れ草が次々に燃えた。熱いうちに種をまくと発芽率が良いといわれており、篤さんら部員がすぐ、灰の上に種をまいた。

 篤さんは「在来野菜は最高の食材で、継承したい。お客さんは食べるだけでなく、収穫や漬け込みなど苦労を含めて体験し、その価値をより深く理解してほしい」と新たな観光資源としての可能性にも期待。今後、間引きや除草などを経て、10月下旬ごろから収穫。収穫物は旅館で自由に使ってもらうという。

 忠鉢さんは「温海の土壌は火山灰で水はけが良く、ミネラルが多い。さらに焼き畑は灰が肥料になって雑草を抑え、歯触り良く、柔らかいカブが育つ。400年続く伝統農法を絶やしたくない。仕事としての魅力を少しでも広め、若者の定着や移住につながればうれしい」と話した。

 山五十川のグループの焼き畑は23日に実施済み。サポート事業は来年度以降も継続の予定という。

忠鉢さん(右)がバーナーでほ場に火を入れ、枯れ草を焼いた=24日午前11時すぎ、鶴岡市湯温海

焼き畑後、灰がまだ熱いうちに赤カブの種をまく萬国屋の若手従業員たち

関連記事

荘内日報社

砂浜にマイクロプラスチック その種類の多さに驚き 鶴工高環境化学科 3年生4..

 鶴岡工業高校(平山豊校長)の生徒が、庄内浜でマイクロプラスチックの研究に取り組んでいる。環境化学科3年の生徒4人が湯野浜海岸の砂を調べたところ風呂用品に使われる「ポリプロピレン」など5種類のマイクロ...

紀伊民報社

春の味覚「菜花」 日置川、すさみで収穫

 和歌山県白浜町の日置川地域やすさみ町で、食用菜の花「菜花(なばな)」が収穫されている。やわらかいつぼみや茎、葉を食べる旬の味覚。2月末ごろまで続く。  JA紀南によると、農家15戸が計約2ヘク...

三星 よいとまけに新商品、「りんご味」が登場

苫小牧市糸井のパン菓子製造三星(三浦実社長)は21日、お菓子「よいとまけ りんご」を新発売した。半世紀以上の歴史を誇るハスカップ菓子「よいとまけ」に、約6年半ぶりに新しい味が加わった。同社は「甘味...

排雪 学校敷地を活用 通学路の安全確保へ 帯広市

 帯広市は21日、市内小中学校の周辺路線の除排雪作業について、学校敷地内に排雪し作業を効率化する取り組みを始めた。通学路の安全確保に向けた新たな試みで、今後も各学校の周辺路線へと除雪範囲を広げてい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク