全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ジャガイモ収穫本格化 「干ばつ影響、数は少なめ」 十勝

収穫されたジャガイモの仕分け作業

 十勝管内でジャガイモの収穫が本格的に始まった。今年は干ばつが影響し、イモの数が少ない傾向。生産者はハーベスターを使って次々とイモを掘り出し、選別作業を進めている。

 帯広市以平町の道下広長農場では、メークインを5ヘクタールで作付け。一部はお盆前に収穫して早出ししており、24日から再度収穫をスタートさせた。メークインのほか、トヨシロなど加工用品種も栽培している。同農場の道下洋太さん(36)は「形は悪くないが、干ばつの影響で数が少ない。暑さに注意しながら、安全に作業を進めたい」と話す。

 イモ数が少ないのは5月の干ばつ後、降り続いた雨の影響が大きく、十勝総合振興局農務課は「(6月下旬の)降雨で地上の成長が一気に進み、地下のエネルギー供給が少なかった」とする。

 今年は全国的に長引く雨や日照不足で野菜の育ちが悪く、道産の引き合いは強いが、JAによっては「総収量は平年を下回りそう」との声もある。管内の収穫作業は9月上旬ごろにピークを迎える。

関連記事

長野日報社

諏訪湖のワカサギ守れ 舟で魚食性鳥類追い払い 長野県諏訪市

魚食性鳥類から諏訪湖の水産資源のワカサギを守ろうと、諏訪湖漁業協同組合や県などでつくる諏訪湖漁場活性化協議会が舟を使った追い払いを続けている。来春の採卵事業で十分な魚卵を確保するため、同漁協組...

荘内日報社

庭園に浮かぶ光の映像 幻想的な世界演出 鶴岡「玉川寺」プロジェクションマッ..

 鶴岡市羽黒町の玉川寺で4、5の両日、光の映像「プロジェクションマッピング」が行われた。  冬の誘客を図ろうと県庄内総合支庁地域産業経済課と庄内観光コンベンション協会、玉川寺の3者がタイアップ...

紀伊民報社

木熟ミカンの収穫始まる

 田辺・西牟婁で栽培されている早生温州ミカンのJA紀南のブランド「木熟みかん」の収穫が始まった。実を木にならしたまま熟度を高めるのが特徴で、早生温州ミカンのうち一定の糖度以上を木熟みかんとして出...

恐竜フェスタ にぎわう AR、VRで むかわ竜再現 記念撮影に長い列

むかわ町が恐竜を前面に出してまちをアピールするイベント「恐竜フェスタ」が4、5両日、同町道の駅「四季の館」をメイン会場に開かれた。AR(拡張現実)技術を使い、スマートフォンの画面で「カムイサウルス...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク