全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

サンマ600㌔、昨年の1%【厚岸】

 

発泡スチロールに詰められた状態で岸壁に揚げられるサンマ(23日午後1時半、厚岸港)

 サンマ漁の本格的な幕開けとなる農林水産大臣許可の棒受け網船による初水揚げが23日、厚岸港で行われた。サンマは7月14日に道知事許可の流し網船が水揚げしているが、来遊量は不漁だった昨年を下回ると予想されており、8月上旬から順次道東の各港より出漁している棒受け網船は水揚げゼロが続いていた。

 今回、水揚げしたのは厚岸漁協所属の中型船4隻。漁協関係者によると、漁獲量は約600㌔で、昨年の初水揚げのわすか1%程度にとどまった。魚体の平均は110~120㌘程度。

 23日には4隻のうち「第21福長丸」(49㌧)が午後1時半ごろ厚岸港に帰港し、今年7月に完成したばかりの衛生管理が整った屋根付き岸壁で初水揚げを行った。サンマは船上で発泡スチロールに詰めて鮮度保持された状態で、24日朝に競りが行われる。

 漁場は厚岸から3昼夜ほどかかる公海上で、魚群が薄いことからマイワシ漁と並行して操業している。漁労長の川崎元太郎さんは「わずかな量しかとれず魚体も細い。今後に期待したい」と話していた。

 今季のサンマ漁は7月8日解禁の道東小型サンマ協議会所属船の流し網漁からスタートし、全国さんま棒受網漁業協同組合(全さんま)所属船は8月10日から小型船(20㌧未満)、15日から中型船(20㌧以上100㌧未満)、20日から大型船(100㌧以上)が出漁している。例年、大型船が出漁してから水揚げ量が増加するが、水産研究・教育機構では「漁期を通じてまとまった魚群の来遊は見込めず、薄い魚群を探しながらの操業が続くと考えられる」と予報を出している。

関連記事

長野日報社

「星ケ塔遺跡」今年も人気 今季初の日帰りツアー 長野県下諏訪町

 長野県下諏訪町観光振興局は22日、同町郊外にある国史跡「星ケ塔黒曜石原産地遺跡(星ケ塔遺跡)」を訪ねる日帰りツアーの今季初回を開いた。全国各地から定員いっぱいの15人が参加。一行は標高約1500...

然別湖上の景色 遊覧船で 安全確認入念に 今季の運航開始

 今季の然別湖の遊覧船運航が21日、始まった。10月末まで毎日運航され、普段はなかなか見ることができない湖上からの風景を楽しめる。  遊覧船は、然別湖畔温泉ホテル風水が1963年から運航。来...

大島紬がフェラーリ内装に ニューヨークで機織り実演も

 イタリアの高級車メーカー「フェラーリ」が、本場奄美大島紬を織り込んだ生地を運転席の内装に使用した特別仕様車を製造し、話題を呼んでいる。大島紬織元のはじめ商事(鹿児島県奄美市名瀬、元允謙社長)が...

長野日報社

「すずらん祭り」開幕 長野県富士見町の富士見パノラマリゾート

 長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで21日、スズランの開花期に合わせた「120万本のすずらん祭り」が開幕した。6月19日までの期間中はゴンドラ往復券の購入者に山野草の苗をプレゼント。町花スズ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク