全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「田原藩」を現代書館が発売

 書籍「シリーズ藩物語~田原藩」(A5判、208㌻)を、現代書館(東京)が発売した。著者は田原市文化財保護審議会委員の加藤克己さん(70)=仁崎町=と、崋山史学研究会会員の石川洋一さん(70)=豊橋市南大清水町。徳川家の譜代大名の戸田氏が最初の藩主になり、その後、三宅氏が引き継いだ田原藩の歴史を詳しく紹介する。  幕府評定所の直訴にまでなった「比留輪山争論」と、江戸後期の家老だった渡辺崋山が力を注いだ異国船からの海防策と飢饉対策が読みどころ。  比留輪山争論は、野田村と赤羽根村が、両村の間にある原野の扱いについて争った。野田村は田んぼが盛んで原野の草を肥料にしたい、赤羽根村は畑が盛んで原野を開墾したいと争った。この争いを三宅氏が収めることができず、幕府の評定所にまで持ち込まれた。加藤さんは「多くの譜代大名は石高が増えていったが、この影響で三宅氏はいつまでも小大名のままだったとの説がある」と指摘する。  崋山の海防策については、小藩ながらも海岸で訓練をした記録が残っており、近隣の藩に比べて先進的に取り組んでいたことを紹介。また飢饉対策として、藩主と武士が資金を出して米を備蓄しており、農民を大切にしている思想が分かる。石川さんは「崋山は絵師として有名だが、藩の家老として先進的な取り組みをしていたことを知ってほしい」と話す。  1600円(税別)。精文館書店、豊川堂などで取り扱う。問い合わせは現代書館(03・3221・1321)へ。

関連記事

荘内日報社

避難所に段ボールベッド組み立て(鶴岡・大泉小)児童と保護者対象「防災体験..

 鶴岡市大泉地区の避難所に指定されている大泉小学校(奥田満哉校長、児童137人)で4日、全校児童と親を対象にした防災体験教室が開かれ、専門家による講話やワークショップ、避難所開設体験が行われた。 ...

紀伊民報社

「甘くて濃厚」と好評 作業所開発のミニトマトジュース

 和歌山県みなべ町の「なかよし福祉会」が運営する「なかよし作業所」が、地元の農家からミニトマトを仕入れて作るジュースが「甘くて濃厚な味でおいしい」と好評だ。障害者の就労を支援する団体が作ったカタ...

丸ごと120㍍移動 キャンプセンター曳家工事本格化  千歳モラップの支笏湖..

環境省北海道地方環境事務所は6日、千歳市モラップの支笏湖野営場で、「キャンプセンター」の曳家(ひきや)工事を公開した。建物を解体せずにそのままの状態で移動させる伝統的な建築工法。同省による曳家工事...

パイ生地で彩り鮮やか 豊頃のエレゾがシカやクマの限定テリーヌ

 食肉加工・飲食業のエレゾ社(豊頃町、佐々木章太代表)は、テリーヌをパイ生地で包んだフランスの伝統料理「パテアンクルート」の販売を会員限定で始めた。  放牧豚やエゾシカ、クマなどの肉を使った...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク