全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

イセエビ漁が解禁 奄美群島 威勢良く仲買競り落とす

漁が解禁され、水揚げされたイセエビ=21日、名瀬漁協

 鹿児島県奄美群島で21日、イセエビ漁が解禁された。奄美市名瀬の名瀬漁業協同組合(満林春男組合長)では、早朝から水揚げされた赤エビ(カノコイセエビ)や青エビ(シマイセエビ)が勢いよく飛び跳ね、競りでは仲買人が競り落としていく風景が見られた。今年は台風の影響もなく、好天が続いたため、漁の条件としては好条件がそろったという。

 イセエビ漁は資源保護を目的に、産卵期にあたる5月1日~8月20日は禁漁とされている。

 名瀬漁協の解禁初日のイセエビの水揚げは103・5キロ(赤エビ35・7キロ、青エビ67・8キロ)。関係者によると、この日は瀬戸内町方面からの水揚げがなかったことから、昨年の177・5キロよりは少なめ。ただ、台風の影響で解禁初日に5㌔ほどしかなかった2年前に比べると、例年並みの漁獲量となった。赤エビの最高値は4391円、青エビの最高値は3516円だった。

 漁業関係者によれば、今年は好天が続く一方で海水温度が上昇し、イセエビが弱りやすくなっているという。また、漁解禁初日にもかかわらず触覚が折れて傷つき、すでに捕獲されかけた跡とみられるイセエビも多かったと言い、「密漁が横行しているのでは」と資源保護に向け警鐘を鳴らす。

 満林組合長は「例年通りの漁獲があり、まずまずのスタート。海水の温暖化も気になるところ。あとは禁漁期間を守ってもらうよう水産関係者で啓発活動をしていく」と話した。

関連記事

「あんまぁ~ず」が総理大臣表彰  与論町 出産・子育て応援に尽力

 鹿児島県与論町(奄美大島)のNPO法人「よろん出産子育て応援隊あんまぁ~ず」はこのほど、子育て支援の活動で顕著な功績があったとして、内閣府の「2021年度子供と家族・若者応援団表彰」の子育て・...

わくわく石垣島に奨励賞 日本サンゴ礁学会 独自学習プログラム高評価

 日本サンゴ礁学会第24回大会が11月29日にオンラインで開催され、わくわくサンゴ石垣島(大堀則子代表)が同学会「保全・教育普及奨励賞」を受賞した。サンゴ学習を推進する活動が学会から高い評価を受けた...

北羽新報社

児童生徒の習字、絵画秀作集め 北羽美術展が開幕

 第54回北羽美術展(北羽新報社主催)は3日、能代市文化会館中ホールで開幕した。習字、絵画両部門で入賞した作品を一目見ようと多くの児童生徒や保護者、地域住民が来場し、子どもたちの感性が輝く力作を1...

長野日報社

装丁家荒川じんぺいさん 富士見町内などで移動式コーヒー店

富士見町信濃境の装丁家でエッセイストの荒川じんぺいさん(75)が、移動式のコーヒー店「珈琲野立庵」を町内などで開店している。軽トラックを改造した店舗に、自らデザインした八ケ岳とコーヒーポット...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク