全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

えこりん村で厳寒楽しむ 氷の流しそうめんも体験

朝日の中で氷の流しそうめん

 恵庭市牧場のえこりん村で27、28両日、クレイジーキャンプ「南極体験」inえこりん村が開かれた。市内外から10人が参加し、さまざまな野外活動を体験しながら、真冬の厳しい寒さの中で一夜を過ごした。

 今年で2回目となる冬のキャンプイベント。元南極越冬隊員で山岳ガイドの奈良亘さん、シェフ・氷彫刻家の高澤直之さんが講師を務めた。

 初日、参加者たちはスノーシューを履いて森の中を散策し、通常は職員以外立ち入れない豚の放牧地を見学。まきを燃やしてお湯を沸かし、放牧豚のソーセージなどで昼食を取った。

 夕方には森から戻り、テント設営。夕食は高澤シェフの指導の下、放牧豚や羊の肉でバーベキューや煮込みスープを作り、火を囲んで冷えた体を温めた。

 夜には大きなテントの中で奈良さんと高澤さんが南極越冬隊での体験談を紹介。隊員が行っている調査の内容や、ブリザードの風雪の猛威についてなど、貴重な話に参加者たちは寒さを一時忘れて聴き入った。

 今月、日本人で初めて無補給・単独徒歩の南極点到達を達成した冒険家の荻田泰永さんから電話が入り、偉業達成の様子を受話器越しで参加者たちに語る一幕もあった。

 一夜明け、午前7時の恵庭市内の気温は氷点下10度を下回る厳冬期の冷え込み。起き出した参加者たちは、高澤さんが作った氷の流し台を使って流しそうめんを楽しみ、味わった。

 参加者たちと一緒にキャンプに参加したえこりん村の庄司開作村長は「去年は暖かくて、参加者から全然『クレイジー』じゃないと言われたので、今年は満足してもらえれば」と話していた。

関連記事

まちなか小劇場 息遣い間近に 「平原通り」こけら落とし満席 帯広

 帯広市中心部の商業ビル地下に誕生した民間の小劇場「平原通り小劇場」(西2南9)が15日、オープンした。こけら落とし公演には演劇ファンや関係者などが訪れ、昼・夜の部ともに全席完売と、好調な滑り...

数十年に一度開花 奄美大島でリュウゼツラン

 数十年に一度だけ咲くというリュウゼツランの花がこのほど、鹿児島県奄美大島の龍郷町にあるホテルカレッタで開花した。4メートル超の高さまで伸びた茎先に黄色い花を付けている。  場所はエントランス...

長野日報社

長野県中川村発「南信州レモン」 ブランド化図る取り組み開始

 マイヤーレモン栽培の県内先駆者で長野県中川村片桐南田島の矢澤義幸さん(56)が、住民有志と協力し、同村発で周辺の産地化を進め「南信州レモン」としてブランド化を図る取り組みを始めた。商標登録し統...

高校野球愛知大会 組み合わせ決まる

 28日に開幕する「第106回全国高校野球選手権愛知大会」(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)の組み合わせ抽選会が15日、刈谷市総合文化センターであり、181校、173チームの組み合わせが決まった。開会...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク