全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

おいしい赤カブ作りへ「焼き畑」作業 鶴岡

 鶴岡市特産の赤カブ栽培のための焼き畑がシーズンを迎え、山間部では杉を伐採した斜面に火を入れる光景があちこちで見られる。

 同市田川地区では古くから、杉を伐採した跡地を林業者から借りて焼き、カブの種をまき、秋に収穫して林地を返すのが伝統だ。

 JA鶴岡田川焼畑赤かぶ専門部(部会員22人)班長の伊藤英夫さん(77)=同市少連寺=は21日朝、同市田川・蓮花寺の約10アールで焼き畑を行った。一昨年に杉を伐採した跡地で、先月下旬から杉の葉などの「焼き草」を集め敷きならすなど準備をしてきた。

 この日は仲間や手伝いのJA職員、合わせて6人が参加。午前8時ごろ、斜面の上端から火を入れた。燃えている焼き草を鉄製の熊手で動かし、火を徐々に下ろしていった。斜面には横一列に赤い炎が立ち上り、周囲は白い煙に包まれた。

 伊藤さんは「焼き畑で育てたカブは歯触りや色も良く、おいしい。伝統を守り、おいしいカブを作り続けたい」と話した。見学に訪れた市立農業経営者育成学校SEADS研修生の小野翔大さん(20)=神奈川県出身=は「焼き畑を見たのは初めてで、とても新鮮。現場に来ると、生産者のこだわりや苦労を肌で感じ、とても勉強になる」と話した。

 同JA生産振興課によると、田川の専門部は今年、計107アールの焼き畑で赤カブを育て、10月初旬から7―8トン程度を収穫。主に市内の漬物店に卸し、甘酢漬けに加工されるという。

杉を伐採した山の斜面で、焼き畑を行う伊藤さん(中央)ら=21日午前8時すぎ、鶴岡市田川・蓮花寺

関連記事

長野日報社

特産かりんのシロップ漬け 出荷に向け手際よく作業 長野県諏訪市の原田商店

食品製造販売の原田商店(諏訪市湖南、原田俊社長)は、同市の諏訪湖ヨットハーバー近くの「かりん並木」で収穫された地元特産のかりん(マルメロ)を使う「かりんシロップ漬け」の製造を始めた。12月1日...

紀伊民報社

仏手柑収穫シーズン

 和歌山県田辺市内で、正月飾りや生け花などに使われる希少なかんきつ類、仏手柑(ぶっしゅかん)の収穫が始まった。  インド原産。形が仏の手のように見えることから、この名前が付いたといわれる。果肉は...

荘内日報社

出羽三山神社「松例祭」に備え 掛け声合わせ「厄綱」の綱打ち作業 コロナ収束..

 出羽三山神社の松例祭で使われる「厄綱」の綱打ち作業が28日、鶴岡市羽黒町荒川の農業・加藤忠志さん(74)方で行われた。地区の男性が「追い廻し」と呼ばれる太い綱を仕上げ同神社に奉納した。  例...

「とまチョップバス」市内中高生が側面にイラスト、道南バスが1日から期間限..

苫小牧の中学校と高校計5校は27、28の両日、道南バス(室蘭市)が苫小牧市内で走らせる路線バス1台の側面に市の公式キャラクター「とまチョップ」を描いた。バスは12月1日から25日まで期間限定運行す...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク