全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

おいしい赤カブ作りへ「焼き畑」作業 鶴岡

 鶴岡市特産の赤カブ栽培のための焼き畑がシーズンを迎え、山間部では杉を伐採した斜面に火を入れる光景があちこちで見られる。

 同市田川地区では古くから、杉を伐採した跡地を林業者から借りて焼き、カブの種をまき、秋に収穫して林地を返すのが伝統だ。

 JA鶴岡田川焼畑赤かぶ専門部(部会員22人)班長の伊藤英夫さん(77)=同市少連寺=は21日朝、同市田川・蓮花寺の約10アールで焼き畑を行った。一昨年に杉を伐採した跡地で、先月下旬から杉の葉などの「焼き草」を集め敷きならすなど準備をしてきた。

 この日は仲間や手伝いのJA職員、合わせて6人が参加。午前8時ごろ、斜面の上端から火を入れた。燃えている焼き草を鉄製の熊手で動かし、火を徐々に下ろしていった。斜面には横一列に赤い炎が立ち上り、周囲は白い煙に包まれた。

 伊藤さんは「焼き畑で育てたカブは歯触りや色も良く、おいしい。伝統を守り、おいしいカブを作り続けたい」と話した。見学に訪れた市立農業経営者育成学校SEADS研修生の小野翔大さん(20)=神奈川県出身=は「焼き畑を見たのは初めてで、とても新鮮。現場に来ると、生産者のこだわりや苦労を肌で感じ、とても勉強になる」と話した。

 同JA生産振興課によると、田川の専門部は今年、計107アールの焼き畑で赤カブを育て、10月初旬から7―8トン程度を収穫。主に市内の漬物店に卸し、甘酢漬けに加工されるという。

杉を伐採した山の斜面で、焼き畑を行う伊藤さん(中央)ら=21日午前8時すぎ、鶴岡市田川・蓮花寺

関連記事

長野日報社

御柱祭下社里曵き 安全な曳行へ氏子協力 夜間にずれ込み日程課題 長野県

 諏訪大社御柱祭下社里曳きは14~16日に長野県下諏訪町で行われ、春宮、秋宮の社殿の四隅に計8本の御柱を無事に曳き建てた。初日午前に小雨が降ったが期間を通じて天候に恵まれ、新型コロナウイルスの感染...

紀伊民報社

パンダの竹でイカの産卵床 食べ残し使い30基

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は17日、ジャイアントパンダが食べ残した竹の枝葉を使ってアオリイカの産卵床を作った。町内の海底に沈めて産卵状況を観察し、効果があれば継続し...

荘内日報社

天神祭のごっつぉ「化け弁」楽しんで 鶴岡4事業所予約受け付け プレゼント・..

 伝統の祭りの雰囲気を家庭で楽しんでもらおうと、鶴岡商工会議所は今年も鶴岡市の天神祭(25日)に合わせた弁当「化け弁」の販売を企画した。地元食材を使った「祭りごっつぉ」を楽しんでもらう企画で、新たに...

女児に付きまとい校区で続発 帯広栄小学校 防犯教室を前倒し

 帯広栄小学校(市西17北1、塩田直之校長、児童393人)の校区内で4月中旬から不審者情報が相次いでいることを受け、同小は予定していた恒例の防犯教室を前倒しし、16日に実施した。帯広署員を講師に招...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク