全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

アイヌ遺骨 古里浦幌に 東大から返還 あす再埋葬

木箱に入れられて東大から返還されたアイヌの遺骨と副葬品。一時的に自宅敷地内の倉庫で保管する差間名誉会長

 明治・昭和期に浦幌町内の墓地から持ち出され、東京大学で保管されていたアイヌの遺骨6体と副葬品が20日、浦幌町のアイヌ民族団体「ラポロアイヌネイション」(旧浦幌アイヌ協会、差間正樹名誉会長、長根弘喜会長)に返還された。遺骨のうち5体は132年ぶり、もう1体は55年ぶりに古里の地に帰った。

 同団体が2019年11月に、東大を相手取り起こした訴訟は今月7日に和解が成立した。これに伴い、東大は遺骨と副葬品を同団体に返還し、同団体は信教の自由が侵害されたなどとして求めていた損害賠償50万円を放棄した。

 原告代理人の市川守弘弁護士らによると、遺骨6体のうち5体は、東大の前身・旧東京帝国大学の小金井良精教授が、浦幌町ウツナイの墓地で1888(明治21)年に発掘。残る1体は、東大の渡部仁教授が同町十勝太の墓地で1965(昭和40)年に発掘したとされ、一緒に埋葬されていた太刀、キセルなどの副葬品も持ち去った。

 差間名誉会長と市川弁護士は今月17日、東大に出向き、返還される遺骨6体と副葬品を確認した。20日午前、東大から町厚内の差間名誉会長宅に七つの木箱に入れられて遺骨6体と副葬品が届いた。東大関係者は同行しなかった。差間名誉会長は「(遺骨と副葬品が返還されて)ほっとしている。ようやく古里に戻った先祖らを手厚く葬りたい」とコメントした。

 東大から返還された遺骨と副葬品は差間名誉会長宅の敷地内にある倉庫に一時的に保管され、22日に町内の浦幌墓園に再埋葬される。長根会長は「先祖を自分たちの手でしっかり埋葬したい」と話している。

 同団体が北海道大、札幌医科大、東大を相手取った一連の遺骨返還訴訟は、アイヌ遺骨102体(北大、札医大は返還済み)の古里への返還をもって決着した。

関連記事

長野日報社

特産かりんのシロップ漬け 出荷に向け手際よく作業 長野県諏訪市の原田商店

食品製造販売の原田商店(諏訪市湖南、原田俊社長)は、同市の諏訪湖ヨットハーバー近くの「かりん並木」で収穫された地元特産のかりん(マルメロ)を使う「かりんシロップ漬け」の製造を始めた。12月1日...

紀伊民報社

仏手柑収穫シーズン

 和歌山県田辺市内で、正月飾りや生け花などに使われる希少なかんきつ類、仏手柑(ぶっしゅかん)の収穫が始まった。  インド原産。形が仏の手のように見えることから、この名前が付いたといわれる。果肉は...

荘内日報社

出羽三山神社「松例祭」に備え 掛け声合わせ「厄綱」の綱打ち作業 コロナ収束..

 出羽三山神社の松例祭で使われる「厄綱」の綱打ち作業が28日、鶴岡市羽黒町荒川の農業・加藤忠志さん(74)方で行われた。地区の男性が「追い廻し」と呼ばれる太い綱を仕上げ同神社に奉納した。  例...

「とまチョップバス」市内中高生が側面にイラスト、道南バスが1日から期間限..

苫小牧の中学校と高校計5校は27、28の両日、道南バス(室蘭市)が苫小牧市内で走らせる路線バス1台の側面に市の公式キャラクター「とまチョップ」を描いた。バスは12月1日から25日まで期間限定運行す...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク