全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇宙から再び紙飛行機 支援募り来年以降挑戦 IST 大樹

宇宙から紙飛行機を飛ばすプロジェクトに再挑戦する(右から)ISTの稲川社長とキャステムの戸田社長

 大樹町内のベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)は19日、宇宙空間から紙飛行機を飛ばし、地表に着陸させるプロジェクトに再挑戦すると発表した。将来的には紙飛行機にカメラを搭載して宇宙を撮影する計画で、今回は各種機器を開発する企業や大学、技術者も募り、2021年以降に実施する。

 ISTは、19年7月に折り紙飛行機を搭載した観測ロケット「MOMO(モモ)」4号機を打ち上げたが、宇宙には届かなかった。4号機でのプロジェクトは、スポンサーの精密鋳造会社キャステム(広島、戸田拓夫社長)が発案した。

 戸田社長は折り紙飛行機の室内滞空時間でギネス世界記録を持ち、宇宙から紙飛行機を飛ばす試みは40年来の夢。今回もISTとキャステムが特殊加工した紙飛行機をロケットから放出する計画だ。

 プロジェクトは、3段階に分け難易度を上げながら実績を重ねていく。

 ステップ1は、21~22年に扇型紙飛行機をモモに搭載し、高度100キロから飛ばす。紙飛行機は4号機の時より大型の全長約15センチになる予定。

 ステップ2では、23年以降に全長約30センチのシャトル型紙飛行機をモモに載せ、高度100キロから放出する。ステップ3として、23年以降、ISTが開発中の人工衛星軌道投入用ロケット「ZERO(ゼロ)」にシャトル型紙飛行機(全長約70センチ)を積み、高度500キロから飛ばす。

 ステップ2以降は紙飛行機にカメラを搭載し、宇宙を撮影する。戸田社長は「宇宙から飛ばす紙飛行機から見える地球の姿を、世界中に配信したい」と期待を寄せる。世界の子どもたちに平和を願うメッセージを書いてもらうことも計画している。

 稲川社長は「民間のロケット開発企業だからこそできる世界初のプロジェクト。多くの人に関わってもらい、成功させたい」とコメントしている。

 開発の支援を募る紙飛行機用の機器は(1)超小型カメラ(2)撮影した画像を送る通信機器(3)太陽光で蓄電できる軽量バッテリー(4)遠隔操縦装置-の4点。機器類の合計重量は3グラムを見込んでいる。

 開発・技術支援の募集は10月31日まで。申し込み方法やプロジェクト詳細はキャステムのホームページに掲載している。

関連記事

「あんまぁ~ず」が総理大臣表彰  与論町 出産・子育て応援に尽力

 鹿児島県与論町(奄美大島)のNPO法人「よろん出産子育て応援隊あんまぁ~ず」はこのほど、子育て支援の活動で顕著な功績があったとして、内閣府の「2021年度子供と家族・若者応援団表彰」の子育て・...

わくわく石垣島に奨励賞 日本サンゴ礁学会 独自学習プログラム高評価

 日本サンゴ礁学会第24回大会が11月29日にオンラインで開催され、わくわくサンゴ石垣島(大堀則子代表)が同学会「保全・教育普及奨励賞」を受賞した。サンゴ学習を推進する活動が学会から高い評価を受けた...

北羽新報社

児童生徒の習字、絵画秀作集め 北羽美術展が開幕

 第54回北羽美術展(北羽新報社主催)は3日、能代市文化会館中ホールで開幕した。習字、絵画両部門で入賞した作品を一目見ようと多くの児童生徒や保護者、地域住民が来場し、子どもたちの感性が輝く力作を1...

長野日報社

装丁家荒川じんぺいさん 富士見町内などで移動式コーヒー店

富士見町信濃境の装丁家でエッセイストの荒川じんぺいさん(75)が、移動式のコーヒー店「珈琲野立庵」を町内などで開店している。軽トラックを改造した店舗に、自らデザインした八ケ岳とコーヒーポット...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク