全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

湿原の花で蜂蜜づくり【釧路町】

 

巣箱の中の蜂を見せる土橋さん

 釧路湿原で蜂を飼い始め11年目を迎える釧路町の土橋賢一さん(58)の養蜂場では、気温の上昇とともに100万匹以上のセイヨウミツバチの活動が活発になり、せっせと花の蜜を集めている。

 涼しい気候の釧路では蜂の活動期間は5月から8月ぐらいまでに限られるが、今年はぐずついた天候が続いたため、元気に飛び回るようになったのが8月に入ってから。釧路湿原には600種類以上の花が咲くと言われるが、湿原の中でも場所によって、また時期によって花は異なるので、毎年同じ味の蜂蜜はできない。集められた蜜は、巣の中で蜂がはばたいて水分を飛ばし濃度を上げる。自然の状態の蜜を遠心分離機にかけてこし、瓶詰めまですべて手作りした蜂蜜は、糖度の高さと濃い味わいが自慢だ。

 冷涼な道東地方は蜂を育てるのに適した環境で、国内大手の養蜂家が集まる。釧路、根室管内では16社が養蜂を行っているが、ほとんどが九州などから夏の間だけ北海道にやってくる養蜂家で、シーズンを通して1カ所にとどまるのは釧路では土橋さんのみ。

 土橋さんは釧路町の建設会社千倉工業の社長。仕事で訪れた千葉県の会社社長に勧められ、「蜂が花粉をつけて帰ってくる姿がけなげでかわいい」と思って蜂を飼い始めた。専門書やインターネットを見て養蜂の仕事を独学で覚えたが、蜂の育て方は環境や条件によって異なり、同じようにはできなかった。

 蜂の活動時期には女王蜂がいるかなど毎週巣箱を一つひとつ開けて中をチェックしなければならないが、蜂蜜がずっしり詰まった巣箱は重く、防護服を着ての作業はとても暑く重労働。道具をそろえるにもお金がかかるし伝染病の検査を毎年行わなければならないなど、「やってみたいという人にはお勧めできない」と言う土橋さん。だが「蜂は人を刺すというイメージがあるけれど、春先天気が良く花が咲いているときは蜂も手にとまってくれる」と穏やかな表情で語る。

 土橋さんの作る蜂蜜は「蜜鶴(みつる)」の名前で釧路市や釧路町の土産物屋、商店などで販売している。また、釧路町のふるさと納税返礼品、釧路市の菓子店なかじまのカステラにも使用されている。問い合わせは千倉工業養蜂部・電話0154(36)7602へ。

関連記事

荘内日報社

人を生かす農業絶やすな/多くの農家と交流感謝 やまがた農業女子ネットワーク..

 県内の女性農業者でつくるやまがた農業女子ネットワーク「あぐっと」による講演会が1日、鶴岡市の山形大学農学部で開かれ、学生44人が講演やワークショップを通じ、就農の課題や現状について考察した。 ...

ヤマメのいずし、樽前養鱒場で製造ピーク「にぎやかな年末彩って」

師走に入り、苫小牧市糸井の樽前養鱒場(石川正剛代表)で、白老町虎杖浜産のヤマメを使ったいずし作りがピークを迎えている。  同養鱒場はニジマスのいずしや薫製「たこでなし」が看板商品だが、尾頭付き...

「40年前のステッカー」好評 配送商品の購入者特典 帯広・平和園

 焼肉の平和園(帯広市、新田隆教社長)は、自社オンラインショップなどでのギフト商品拡充を記念し、購入者対象に期間限定で40年前から保管してきた平和園オリジナルステッカーを贈呈するサービスを行ってお...

宇部日報社

カタログギフト「ぶちうま!山口」がリニューアル

 県産原料100%をコンセプトとしたカタログギフト「ぶちうま!山口」が5年ぶりにリニューアルし、1日から販売を開始した。掲載商品は全197品。AR(拡張現実)で掲載商品を使った料理を見られる機能...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク