全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

折り鶴、ともしび、コロナ終息願う 伊那市高遠町の遠照寺

新型感染症終息の願いを込めたろうそくのともしびを眺める女の子たち=遠照寺修養会

 折り鶴とろうそくのともしびをささげて新型コロナウイルス感染症の終息を願う集会が17日夜、伊那市高遠町山室の遠照寺で開かれた。親子約50人が参加。1枚に999羽の折り鶴模様が印刷された紙で作った折り鶴と、発光ダイオード製のろうそくを祭壇に手向けて地域の安寧を祈った。

 セレモニーは、同寺と地元の三義子ども会が1965年から毎年夏に開く「遠照寺修養会」の行事の一環。例年は小学生が1泊2日の日程で寺に泊まり、食事作りや花火大会を行っている。今年は感染防止の観点から規模を大幅に縮小して実施。宿泊体験はなく、同日夕方から約1時間半の集会で、子どもたちは手持ち花火などを楽しんだ。

 参加した高遠北小4年生は「感染防止の臨時休校の時は友達に会えなくて嫌だった。早くコロナが終わってほしい」と願った。子ども会の大高洋子会長は「今年はいろいろと迷ったが、プール遊びもラジオ体操もやめたので修養会だけは開きたいと考えた。夏の思い出にしてほしい」と話した。

 松井教一住職(65)は「私が小学4年生の時に始まった今年で55回目の修養会。今回途切れてしまう心配もあったが、お母さん方の熱意で継続できた。その貴い気持ちに責任の重さを感じる。感染症の終息を切に願う」と述べた。

関連記事

荘内日報社

人を生かす農業絶やすな/多くの農家と交流感謝 やまがた農業女子ネットワーク..

 県内の女性農業者でつくるやまがた農業女子ネットワーク「あぐっと」による講演会が1日、鶴岡市の山形大学農学部で開かれ、学生44人が講演やワークショップを通じ、就農の課題や現状について考察した。 ...

ヤマメのいずし、樽前養鱒場で製造ピーク「にぎやかな年末彩って」

師走に入り、苫小牧市糸井の樽前養鱒場(石川正剛代表)で、白老町虎杖浜産のヤマメを使ったいずし作りがピークを迎えている。  同養鱒場はニジマスのいずしや薫製「たこでなし」が看板商品だが、尾頭付き...

「40年前のステッカー」好評 配送商品の購入者特典 帯広・平和園

 焼肉の平和園(帯広市、新田隆教社長)は、自社オンラインショップなどでのギフト商品拡充を記念し、購入者対象に期間限定で40年前から保管してきた平和園オリジナルステッカーを贈呈するサービスを行ってお...

宇部日報社

カタログギフト「ぶちうま!山口」がリニューアル

 県産原料100%をコンセプトとしたカタログギフト「ぶちうま!山口」が5年ぶりにリニューアルし、1日から販売を開始した。掲載商品は全197品。AR(拡張現実)で掲載商品を使った料理を見られる機能...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク