全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

遺族の元へ日章旗返還

 太平洋戦争中、フィリピン・ルソン島で戦死した蒲郡市出身の陸軍兵士が持っていた日章旗が18日、75年ぶりに遺族に返還された。兵士は内田曻市さん。めいで清田町の道子さん(79)らが市役所で受け取った。戦没者の遺品の返還活動をする米国のNPO法人「OBONソサエティ」が仲介した。  曻市さんは1943年3月に召集され、中国大陸に派遣された。44年9月にフィリピンへ転進したが、所属部隊は米軍との交戦でほぼ全滅。曻市さんは45年6月にルソン島北部のパレテ峠で戦死した。  曻市さんが身につけていた日章旗は、米インディアナ州のクリスティーン・イットさんの父が持ち帰った。「持ち主の家族に返還したい」と申し出て、依頼を受けた「OBONソサエティ」が日本遺族連合会経由で県遺族連合会に調査を求めた。その結果、道子さんのおじの曻市さんのものだと判明した。  日章旗には「祈武運長久」と書かれており、寄せ書きには、曻市さんの父清作さん、母こうさんらのものと思われる名前があった。  日章旗を見て道子さんは感謝しながら「額縁を作って、父や曻市さんが眠っている仏間に置きます」と話した。イットさんからは「この旗が心の区切りをつけられることを願っています」とメッセージが寄せられた。  県遺族連合会の柴田義継会長は「戦争は二度としてはいけないことを思い出し、平和の大切さを感じています」と話した。

関連記事

長野日報社

「星ケ塔遺跡」今年も人気 今季初の日帰りツアー 長野県下諏訪町

 長野県下諏訪町観光振興局は22日、同町郊外にある国史跡「星ケ塔黒曜石原産地遺跡(星ケ塔遺跡)」を訪ねる日帰りツアーの今季初回を開いた。全国各地から定員いっぱいの15人が参加。一行は標高約1500...

然別湖上の景色 遊覧船で 安全確認入念に 今季の運航開始

 今季の然別湖の遊覧船運航が21日、始まった。10月末まで毎日運航され、普段はなかなか見ることができない湖上からの風景を楽しめる。  遊覧船は、然別湖畔温泉ホテル風水が1963年から運航。来...

大島紬がフェラーリ内装に ニューヨークで機織り実演も

 イタリアの高級車メーカー「フェラーリ」が、本場奄美大島紬を織り込んだ生地を運転席の内装に使用した特別仕様車を製造し、話題を呼んでいる。大島紬織元のはじめ商事(鹿児島県奄美市名瀬、元允謙社長)が...

長野日報社

「すずらん祭り」開幕 長野県富士見町の富士見パノラマリゾート

 長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで21日、スズランの開花期に合わせた「120万本のすずらん祭り」が開幕した。6月19日までの期間中はゴンドラ往復券の購入者に山野草の苗をプレゼント。町花スズ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク