全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯農魂 全国に 勇気与え帰帯 甲子園初勝利を報告

 高校野球の甲子園で初勝利を挙げた帯広農業ナインが17日午後、帰帯し、同校で教職員や保護者らに試合の報告と感謝の気持ちを伝えた。井村塁主将(3年)はあいさつで「最後の試合に勝てて、支えてくれた人たちに恩返しができてよかった。保護者や先生が指導してくれたからこそ、ここまで野球ができた」と語った。

教職員が作った横断幕をバックに充実感を漂わせる帯広農業高野球部の部員たち(前列右端が井村塁主将)

 帯広農業は16日の甲子園交流試合(兵庫県西宮市)で、高崎健康福祉大高崎(群馬)に4-1と快勝。笑顔でひたむきにプレーする姿が、道内外で感動を呼んだ。

 ベンチ入りした選手と帯同メンバーの計26人と前田康晴監督らは17日、昼前に伊丹空港を出発し、新千歳空港からバスで帯広へ。午後4時20分ごろ、「祝 帯農 甲子園初勝利」の懸垂幕が掲げられた生徒玄関前に到着した。「お帰りなさい。感動をありがとう!」の横断幕も制作して迎えた教職員や保護者、一足先に十勝に戻った下級生部員らが拍手で出迎えた。

 その後、選手たちは慣れ親しんだグラウンドに移動し報告会に臨んだ。井村主将の父で、帯広農業高野球部保護者会、同部協賛会会長の哲也さん(46)=幕別町、農業=は「全国に勇気と感動を与えられる素晴らしい試合だったと思う。子どもたちを本当に誇りに思う」と健闘をたたえた。

 二木浩志校長も、試合での礼儀正しさや全力疾走を見せた選手たちに「(コロナ禍で)つらかったと思うが、甲子園での1勝で締めくくってくれた。これから新たな1世紀を迎える帯農の魂を全国に見せつけてくれた」とねぎらった。

 試合では昨秋の関東王者に臆することなく立ち向かった。井村主将と水上流暢選手(3年)の継投と、三つの併殺を完成させる守備力を武器に快勝。前田監督が「3年生を中心に本当に頑張ってくれた。暑かったが、笑顔で帯農野球を一丸となって100%やってくれた結果。素直な子たちばかりで、最後にベストゲームをしてくれた」と驚く、大舞台での成長ぶりだった。

 選手たちはそれぞれ保護者や指導者らに感謝しつつ、「すごく良い野球人生を送れて最後に勝てて良かった」「甲子園での経験を(今後の人生に)生かして成長したい」「もう一度、甲子園に行き、2勝、3勝できるように頑張りたい」などとあいさつした。

 甲子園交流試合は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となった第92回選抜大会(3月)に出場が決まっていた32校を招待し、各1試合を行った。帯広農業は21世紀枠で選出されていた。

関連記事

荘内日報社

避難所に段ボールベッド組み立て(鶴岡・大泉小)児童と保護者対象「防災体験..

 鶴岡市大泉地区の避難所に指定されている大泉小学校(奥田満哉校長、児童137人)で4日、全校児童と親を対象にした防災体験教室が開かれ、専門家による講話やワークショップ、避難所開設体験が行われた。 ...

紀伊民報社

「甘くて濃厚」と好評 作業所開発のミニトマトジュース

 和歌山県みなべ町の「なかよし福祉会」が運営する「なかよし作業所」が、地元の農家からミニトマトを仕入れて作るジュースが「甘くて濃厚な味でおいしい」と好評だ。障害者の就労を支援する団体が作ったカタ...

丸ごと120㍍移動 キャンプセンター曳家工事本格化  千歳モラップの支笏湖..

環境省北海道地方環境事務所は6日、千歳市モラップの支笏湖野営場で、「キャンプセンター」の曳家(ひきや)工事を公開した。建物を解体せずにそのままの状態で移動させる伝統的な建築工法。同省による曳家工事...

パイ生地で彩り鮮やか 豊頃のエレゾがシカやクマの限定テリーヌ

 食肉加工・飲食業のエレゾ社(豊頃町、佐々木章太代表)は、テリーヌをパイ生地で包んだフランスの伝統料理「パテアンクルート」の販売を会員限定で始めた。  放牧豚やエゾシカ、クマなどの肉を使った...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク